暑さをチャンスに!|『価値を伝える工夫』していますか?

公開日: VMD事例, ライフスタイル


こんにちは!

藤井雅範です。

 

毎年記録を更新する勢いの暑さですね。

街ゆく人の手には携帯扇風機を持つ人が増ています。

おそらくタオル素材のハンカチや扇子なんかも売れていることでしょうね~

sakkanan11 / Pixabay

冷感グッズコーナーを作る

さて、ライフスタイル系のショップなどでも暑い夏を乗り切るグッズコーナーは人気があるようです。

少し古い話になりますが僕も以前、全国にチェーン展開しているファミリー向けファッションのお店で冷感グッズコーナーの企画をし、結果的に大きな成功を収めたことがあります。

 

その前年も同じ時期に同じような内容で展開していましたが、店頭での表現手法を変えることで大きく売上を伸ばすことが出来ました。

その時のポイントは売り場企画力、中でもディスプレイツールの統一とPOPのキャッチコピー。

これが大きく売上を伸ばせた要因です。

 

商品のラインナップは前年と同じ。

扇子、タオルハンカチ、ガーゼハンカチ、和風の手ぬぐいハンカチ、冷感Tシャツ、冷えピタジェル、UVカットサングラス、日傘といった内容。

しかし、同じような商品を売っているお店は他にもたくさんある。

売り場として特に目を惹かせることが出来ていませんでした。

そこでこんな工夫を凝らしてみました。

 

価値を伝えるための工夫

テーマの設定

そこでテーマをわかりやすく伝えるキーヴィジュアルを設定。

(ホワイト&ネイビーのボーダー+オレンジ+金魚)

そのデザインをベースに、売り場を企画していきまいした。

一つひとつの商品と向き合いディスプレイツールやPOPを作っていくのです。

POPの進化

今まではNEW ARRIVAL+商品の名前と価格のみ、あるいはスペック情報(性能や機能)を書くだけだったPOP

実際の使用感や使用シーンを連想させる書き方に変更することで注目を浴びました。

売り込みPOPから自分ごとに置き換わるPOPへと進化したのです。

 

NEW ARRIVAL→着てみてわかる ひんやり感がたまらない『冷感Tシャツ』

NEW ARRIVAL→何枚あっても便利 肌に優しい吸水性 ふんわり感がたまらない『ハンカチガーゼタオル』

NEW ARRIVAL→ひやっと感がたまらない『冷えピタジェル』

ディスプレイツールの進化

商品が主役、道具は脇役。

ディスプレイツールやPOPが商品の魅力を打ち消すほどしゃしゃり出てはいけません。

とはいえ、目立たなければ意味がない。

そこでデザインとツールのモジュールの統一を図りました。

一貫性のあるディスプレイツールは統一感があり商品の魅力を打ち消すことなく、結果的にその機能を果たしてくれました。

 

店舗全体のバランス

今回は店舗全体の中の1つのコーナーです。

それぞれの売り場を回遊できるように設計することが求められます。

冷感グッズコーナーが店舗全体と調和が取れているのか?

かつ存在がわかりやすいのか?

といった視点も大切でした。

 

  • テーマの設定

  • POPの進化(この商品がお客様の生活のどんな役に立つのか?の追求)

  • ディスプレイツールの進化(一つ一つの商品価値の伝わるツールの企画)

  • 店舗全体とポップアップショップのバランス(浮きすぎず馴染みすぎず)

 

こういった手順で企画を進めていきましょう。

 

シーズンでの活躍アイテムを集約させるコーナー。

うまくいけば大きな売上に結びつきます。

そのためにも“価値を伝えるための工夫”をしたいですね!

 

余談ですが・・・

この時に中心となって企画を推進してくれたスタッフがいました。

当時、仕事の内容が大きく変化し以前とは勝手が違う事業部に配属され迷われている様子。

技術はあってもその発揮の仕方がわからず、組織の中での自分のあり方に迷われているのが感じられました。

『僕たちの仕事は、お客さんに商品の価値を高く伝える事ができる素晴らしい仕事です。そしてそれは昔と何ら変わらない・・・』一緒に企画をすすめる中でそんなことを伝えました。

すると、水を得た魚のように活き活きと仕事に取り組んでくれるようになった。

その時の嬉しそうな表情が印象的だったなぁ。

僕より先輩の方で、このあとしばらくして亡くなってしまったけど。

『一緒に仕事ができてよかった!』そう、思わせてくれました。

 

9/13芦屋 9/18東京でVMDセミナーやります!

テーマは『SNSとリアル店舗』

VMDや接客に工夫しているつもりだけど、数字がついてこない。

SNSの投稿も頑張っているんだけど、売上につながらない。

なんだか仕事が楽しくない・・・

そう感じたこと、ありませんか?

 

SNSとリアル店舗。

その本質とテクニックを学ぶことで仕事が楽しくなる!売上がアップする!

そんなセミナー行うことにしました。

ゲスト講師として、人気インスタグラマーの西岡健斗さんにも登壇してもらいます。

9/13 VMDセミナーin芦屋】

日程:
2019
9月13日(金)

時間:
セミナー/18時~2030
懇親会/2030分~2230分 (セミナーだけ、懇親会だけ、の参加は出来ません)

場所:
ブックカフェ 三日月と太陽 -Sakliev 2F-

兵庫県 芦屋市西山町1-2 2F

TEL 0797-22-8519

参加費:(消費税含)
・セミナー&懇親会:15,000

お申し込み・入金期限:97日(金)

芦屋セミナーお申込みはこちらからどうぞ↓

 

9/18 VMDセミナーin東京】

日程:
2019
9月18日(水)

時間:
セミナー/18時~2030
懇親会/2030分~2230分 (セミナーだけ、懇親会だけ、の参加は出来ません)

場所:

野菜が美味しいLONGING HOUSE CAFE 神宮前

https://www.longinghouse.com/no.2/jingu/
東京都渋谷区神宮前4-22-9

TEL 03-6433-5808 

参加費:(消費税含)
・セミナー&懇親会:15,000

お申し込み・入金期限:911日(金)

東京セミナーお申込みはこちらからどうぞ↓

 

皆さんとお会いできることを楽しみにしています!!!

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

PAGE TOP