あなたの話を伝わりやすくする「間」|村上RADIOを聴いて

こんにちは!

藤井雅範です。

 

しばらくブログが更新できなかったーっ!

昨日、篠木麻希さんのセミナーで時間管理のコツを聞いたから、これからはマメにがんばります(笑)

村上RADIO

先日、ラジオ番組で作家の村上春樹さんが自ら出演・選曲DJを担当する、という番組が行われていました。

ハルキさんがラジオで話すのは初めてだそうです。

お話される内容はもちろん全体の編集や演出も良くて、興味深く聞かせていただきましたよ。

 空白の時間

番組中で流れていたエリック・バードン&ジ・アニマルズの曲『スカイ・パイロット』。

演奏時間は実に7分23秒もあったそうです。

当然ドーナッツ盤のレコードの片面には収まりきらない。

だからA面とB面に分けて録音されていたそうです。

それだけでも驚きですが、実際にラジオで流されていた時の状況が興味深い。

 

ハルキさんの話によると、なんとDJがその場でレコードを裏返していたそうです。

だからその時間は空白の時間・・・

ハルキさん曰く『空白の時間が面白い』

 

確かにラジオで空白の時間があるとちょっとドキッとします。

えっ、なんかあったのかな?って思ってしまう。

5秒以上無音状態が続くと放送事故、なんていう噂もあります。真偽の程は不明ですが・・・

 

そういえば以前(ずっと昔ですが)小説家の片岡義男さん(『スローなブギにしてくれ』の作者)がメインキャスターのラジオ番組がありました。

片岡さんの声は低音でシブい。

しかもたっぷりと「間」をとって話されます。

だから聞いていて時々ドキッとしました。

あまりにも沈黙が続くから(笑)

 

幸いその番組にはお相手の女性のキャスターがいたので上手くフォローされていました。

でもひとりで話していたら放送事故連発だな、きっと(笑)

「間」の効果

ラジオでは少々問題があるかもしれません。

でもお話をする時の「間」というのはとても大切です。

適度な「間」は話が伝わりやすいし、話に趣を感じられたりする効果があります。

 

人前で話していると沈黙するのが怖い。

「みんなが自分の話を聴いてくれている、だからどんどん話さなきゃ!」

そんなふうに感じてしまうこともあります。

まるで黙っていることが悪い事のように思えることがあるんです。

 

でも実際は逆。

どんなに良い話でも「間」がないと聞きづらい。

伝わりにくいんですね。

人のセミナーや講演を聞いていればよくわかります。

ずっと続け様に話されると、中にすっと入るタイミングが失われる感じなんです。

 

ボクが話すときに出来ているのか?ちょっとわかりませんが、自分のことは棚に上げて言います。

人前で話す機会の多い人は「間」を意識されると良いですよ!

 

せっかくの良いお話、内容だけではなかなか伝わりにくい。

「間」があなたのお話を伝わりやすくしてくれる。

そんなことを思い起こしてくれた『村上RADIO』でした。

 

また聴きたいいなぁ・・・

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


*