あなたの話を伝わりやすくする「間」|村上RADIOを聴いて

公開日: 村上春樹


こんにちは!

藤井雅範です。

 

しばらくブログが更新できなかったーっ!

昨日、篠木麻希さんのセミナーで時間管理のコツを聞いたから、これからはマメにがんばります(笑)

村上RADIO

先日、ラジオ番組で作家の村上春樹さんが自ら出演・選曲DJを担当する、という番組が行われていました。

ハルキさんがラジオで話すのは初めてだそうです。

お話される内容はもちろん全体の編集や演出も良くて、興味深く聞かせていただきましたよ。

 空白の時間

番組中で流れていたエリック・バードン&ジ・アニマルズの曲『スカイ・パイロット』。

演奏時間は実に7分23秒もあったそうです。

当然ドーナッツ盤のレコードの片面には収まりきらない。

だからA面とB面に分けて録音されていたそうです。

それだけでも驚きですが、実際にラジオで流されていた時の状況が興味深い。

 

ハルキさんの話によると、なんとDJがその場でレコードを裏返していたそうです。

だからその時間は空白の時間・・・

ハルキさん曰く『空白の時間が面白い』

 

確かにラジオで空白の時間があるとちょっとドキッとします。

えっ、なんかあったのかな?って思ってしまう。

5秒以上無音状態が続くと放送事故、なんていう噂もあります。真偽の程は不明ですが・・・

 

そういえば以前(ずっと昔ですが)小説家の片岡義男さん(『スローなブギにしてくれ』の作者)がメインキャスターのラジオ番組がありました。

片岡さんの声は低音でシブい。

しかもたっぷりと「間」をとって話されます。

だから聞いていて時々ドキッとしました。

あまりにも沈黙が続くから(笑)

 

幸いその番組にはお相手の女性のキャスターがいたので上手くフォローされていました。

でもひとりで話していたら放送事故連発だな、きっと(笑)

「間」の効果

ラジオでは少々問題があるかもしれません。

でもお話をする時の「間」というのはとても大切です。

適度な「間」は話が伝わりやすいし、話に趣を感じられたりする効果があります。

 

人前で話していると沈黙するのが怖い。

「みんなが自分の話を聴いてくれている、だからどんどん話さなきゃ!」

そんなふうに感じてしまうこともあります。

まるで黙っていることが悪い事のように思えることがあるんです。

 

でも実際は逆。

どんなに良い話でも「間」がないと聞きづらい。

伝わりにくいんですね。

人のセミナーや講演を聞いていればよくわかります。

ずっと続け様に話されると、中にすっと入るタイミングが失われる感じなんです。

 

ボクが話すときに出来ているのか?ちょっとわかりませんが、自分のことは棚に上げて言います。

人前で話す機会の多い人は「間」を意識されると良いですよ!

 

せっかくの良いお話、内容だけではなかなか伝わりにくい。

「間」があなたのお話を伝わりやすくしてくれる。

そんなことを思い起こしてくれた『村上RADIO』でした。

 

また聴きたいいなぁ・・・

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

PAGE TOP