知っていますか?北海道バター株式会社|古い木箱の由来

公開日: エッセイ


古いものが好きだ。

特に高価でなくて良い。

年月を感じさせるものに惹かれてしまう。

 

庭で物入れとして使っている木箱もそう。

昔のバターやマーガリンを運ぶために使用された古い木箱。

1つはおなじみの雪印乳業株式会社(現雪印メグミルク)の雪印マーガリンの箱。

もう一つは北海道バター株式会社のクローバーバターの箱。

焼けた木の肌、インクの掠れ。

どちらも良い味が出てる。

雪印は馴染み深いけど、クローバーバターは知らなかったのでググってみた。

すると・・・

 

起源はどちらも『北海道酪農共同株式会社』というところに行き着くらしい。

なんだか毎朝見ている朝の連ドラ『なつぞら』の農協を連想させて、親しみを感じる。

雪印もクローバーバターも元は同じ会社だったということ。

それも乳製品では日本最大規模の会社。

あまりに寡占状態だった様子で、過度経済力集中排除法(集排法)という法律の制定により、日本政府から分割の指定をされたそうである。

法律によって政府から強制的に会社を分割させられるとは、なんだか時代を感じさせる。

それほど巨大企業だったんだろうね〜

 

ときは昭和25年。

『北海道酪農共同株式会社』は『雪印乳業株式会社』と『北海道バター株式会社(後のクローバー乳業)』に分割。

やむなく別会社となった。

しかしともに同じ釜の飯を食った仲間、社員たちは将来の再合併を夢見ていたそうである。

営業エリアがバッティングしないようにしたり、パッケージのデザイン(黄色地で、北海道の地図を大きくかたどった、おなじみのもの)も共通項をもたせたようだ。

 

そして昭和33年、願いが実って再合併。

『雪印乳業株式会社』が『クローバー乳業』を吸収したそうだ。

これにより『北海道バター株式会社』はもちろん『クローバー乳業』も『クローバーバター』という名も消滅した。

 

『北海道バター株式会社』が『クローバー乳業』へ改称したのが昭和32年。

ということはこの木箱は昭和28年から昭和32年の間に作られたもの、ということになる。

なかなかのヴィンテージアイテムだ(笑)

 

実はこの木箱は実家の納戸で眠っていたもの。

改装する際に貰い受けた。

そういえば僕の父親はサラリーマン時代、姫路で雪印の販売会社に在籍していたのだった。

約60年ほど前、芦屋へ引っ越しする際の荷物とともに姫路からやってきた木箱なのだろう。

 

僕は雪印は馴染み深いけど、クローバー印は知らない。

もちろん吸収合併の逸話も知らなかった。

だけどそんな話を聞いてまたこの木箱を眺めると、なんだか感慨深い。

こんな風に古いものに惹かれるのは、きっとそこにストーリーを感じるからだろうね〜

誰かが書いた「クローバー 和文」の走り書きが、なぜか沁みる・・・

セミナーの日程が近づいてきました。

ドタ参歓迎ですよ!

9/13芦屋 9/18東京でVMDセミナーやります!

テーマは『SNSとリアル店舗』

VMDや接客に工夫しているつもりだけど、数字がついてこない。

SNSの投稿も頑張っているんだけど、売上につながらない。

なんだか仕事が楽しくない・・・

そう感じたこと、ありませんか?

 

SNSとリアル店舗。

その本質とテクニックを学ぶことで仕事が楽しくなる!売上がアップする!

そんなセミナー行うことにしました。

ゲスト講師として、人気インスタグラマーの西岡健斗さんにも登壇してもらいます。

9/13 VMDセミナーin芦屋】

日程:
2019
9月13日(金)

時間:
セミナー/18時~2030
懇親会/2030分~2230分 (セミナーだけ、懇親会だけ、の参加は出来ません)

場所:
ブックカフェ 三日月と太陽 -Sakliev 2F-

兵庫県 芦屋市西山町1-2 2F

TEL 0797-22-8519

参加費:(消費税含)
・セミナー&懇親会:15,000

お申し込み・入金期限:97日(金)

芦屋セミナーお申込みはこちらからどうぞ↓

 

9/18 VMDセミナーin東京】

日程:
2019
9月18日(水)

時間:
セミナー/18時~2030
懇親会/2030分~2230分 (セミナーだけ、懇親会だけ、の参加は出来ません)

場所:

野菜が美味しいLONGING HOUSE CAFE 神宮前

https://www.longinghouse.com/no.2/jingu/
東京都渋谷区神宮前4-22-9

TEL 03-6433-5808 

参加費:(消費税含)
・セミナー&懇親会:15,000

お申し込み・入金期限:911日(金)

東京セミナーお申込みはこちらからどうぞ↓

 

皆さんとお会いできることを楽しみにしています!!!

 

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

PAGE TOP