ニューヨークレポート|オールドスクールなライフスタイルショップ

公開日: VMD, ライフスタイル


 

雨の土曜日、気分が沈まないようにジャック・ジョンソンをBGMに海に思いを馳せてみたり・・・

こんにちは!

藤井雅範です。

 

今日はニューヨークレポート第二弾。

ブルックリンのライフスタイルショップについて書きますね。

 

日本ではシドニー発の《デウスエクスマキナ》の商品をよく見かけますね。

原宿にショップもあるし、セレクトショップやもちろんECでも買うことが出来る。

サーフィンとオートバイとファッションをテーマにし、カフェも併設したライフスタイルショップです。

 

この日ブルックリンでは二軒のライフスタイルショップを訪れました。

《デウスエクスマキナ》ではないのですが、一つはサーフィン一つはオートバイをテーマにしたライフスタルショップです。

オートバイのある暮らし|JANE

まずはオートバイをテーマにしたライフスタイルショップです。

《JANE》というお店。

前回紹介した『Sunday in Brooklyn』の並びに位置します。

バイクをテーマに、ギアやアパレルブックやカフェを併設している店です。

おそらく、オーナーの好きで好きで仕方がない物を詰め込んだらこんな形になった、といったところでしょうね。

このお店を中心にコミュニティが出来上がっているような印象を受けました。

バイクのチューンナップの相談するのも良いし、毎朝コーヒーを買いに来るのも良いし、バイクには乗らないけどファッションだけはバイカー風にと言った客でも良い。

思い思いに利用できる。

きっとカスタマー(顧客)たちとの根ざしたコミュニティがあるんだろうなぁ。

サーフィンのある暮らし

次にサーフィンをテーマにしたライフスタイルショップです。

《Pilgrim Surf+Supply》というお店。

Pilgrimの外観。壁のグラフィティが印象的です

サーフボード&ギア&アパレル&音楽といったグッズを展開しているお店です。

1Fはアパレルが多く、サーフィンに興味がない人たちにも楽しめる展開になっています。

しかしB1Fに降りると本格的なギアが展開されている。

ニューヨークとサーフィンってちょっとピンとこないかもしれません。

でも車で1時間半ほどで波の立つポイントが有るようです。

実際ボクもニューヨークの街でサーフボードを積んだ車を度々目にしました。

 

この《Pilgrim Surf+Supply》というお店、日本ではBEAMSと取り組んで展開されています。

渋谷に旗艦店もあるようですよ!

実際、ボクがブルックリンのお店で購入したシャツもMADE IN JAPAN。
BEAMSのロゴが入ったものでした。

この『PILGRIM』の不等辺三角形のマーク、良いですねぇ

オールドスクールな魅力

バイクの《JANE》

サーフィンの《PILGRIM》

どちらにも共通して言えるのは、オールドスクール(昔ながらの価値)にリスペクトが感じられる点です。

古いバイクをレストアして乗る。

ロングボードをクラッシックなスタイルで乗る。

かといって、新しいものも融合させるし柔軟に取り入れる。

そんなムードを感じました。

 

きっと、世代を超えてオートバイ、サーフィンといったカルチャーで繋がった人たちとコミュニティを作ることを目指しているショップなのかなぁ。

そんな印象を受けました。

こんなおコミュニティは、お店の人たちが一番楽しんでいるんだろうなぁ、きっと・・・

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

  • 更新情報をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑