すぐに売上を生む投資とは?

公開日: VMD ,


こんにちは!

藤井雅範です。

『BORN TO RUN』

ブルース・スプリングスティーン 画像はflickerより

今ボクの横にあるBOSEのポータブルスピーカーからは、あの懐かしいブルース・スプリングスティーンが歌っているのが聞こえてくる。

最近の自主セミナーのオープニングでも掛けている『明日なき暴走(BORN TO RUN)』というアルバム。

このアルバムは全曲を通して一つの物語が語られるようなコンセプトアルバムらしい。

言葉の意味はよくわからないですが、メロディだけでもそれがうかがえる。

好きなアルバムです!

『営繕』『修繕』『改繕』とは?

先日は商業環境を創造する大手企業の株式会社スペースさんの大阪事業本部において講演させていただきました。

売れるお店をプロデュース、設計、施工管理までのプロ集団です。

講演の後、スペースさんのスタッフと懇親会に。

 

当日は昔からお世話になってる本部長が、わざわざ東京からやってきてくださいました。

その本部長から、こんなお話を伺いました。

『私達が店舗作りをさせていただき、お店がオープンしたあとに引き続きお店に役立てるには3つの種類があると思う』

『それは“営繕”“修繕”“改繕”だ』というようなお話です。

 

“修繕”はご存知のように、壊れた箇所や傷んだ箇所を修理すること。

機能的に大きな問題があったり、危険がある場合には直ちに対応する必要があります。

 

“改繕”は新しいイメージに変更したり、新しい機能を取り入れたりすること。

直ちに対応する必要性は低いが、陳腐化する前には取り組んでおくべきことです。

 

そして“営繕”

既に一般的に言われている“営繕”とは違う捉え方をします。

コレは単なる“修繕”でも“改繕”とも少しニュアンスが違います。

ここを見直すことで即営業効果が表れる=売上に直結する修繕または改繕のことを指しているのです、とその本部長はおっしゃいました。

ですので店舗側はコレに気づくとすぐに手を打ったほうが良いし、スペースさんのような会社はしっかりとそれをお伝えしたり聞き取って即対応することが大切だそうです。

 

とっても納得できるお話でした。

投資を押さえることが美徳ではない

よく耳にする言葉があります。

『経費を抑えろ!』

『投資は低く!』

『利益が出るまで投資はするな!』・・・

そんなニュアンスです。

もちろん、いたずらに経費を使うことが良いこととは思いません。

 

しかし、『ここをこのように変更するだけで、たちまち売上が上がる』そんな項目は結構沢山あるのです。

まずは現状の売上とその構成(売上分解)及び推移を確認して判断する定量面、お客様の行動や会話から気づく定性面の両方から知ることが出来ます。

そこから具体的なVMDの仮設を立ててみるのです。

 

具体的には、棚板を一枚増やす、照明を1基増設する、ラックの高さを低くする、什器のサイズを変更する、などなど。

そんな僅かなアクションでお客様に商品やお店の価値g伝わりやすくなる。

確実に売上が上がる事があります。

投資なんて即、回収できるのに・・・

 

現状の売上分解及び定性情報、そこからVMDのアクションを組み立てているのか否か?

それができていればこんな判断も即できるのです。

ボクがセミナーで売上分解をお伝えしているのは、そんな効果も見込めるからです。

 

投資をおさえまくるケチケチ作戦は決して美徳ではなく、大きな失策かもしれませんよ!

 

 

VMDセミナーを芦屋で行います。

詳しくはこちらから

VMDセミナーを東京で行います。

詳しくはこちらから

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

  • 更新情報をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑