ボクの元にマリア様がやって来て呟いた「LET IT BE」

公開日: VMD, セミナー


昨日はエクスマセミナー。

藤村正宏先生の出版記念セミナーです。

『安売りするな!「価値」を売れ!』の改訂版です。

既に予約販売の段階で増版が決まったそう!

すごい人気です!中身が良いのはもちろんだけれどもSNSの影響力の大きさも感じさせる出来事だなぁ。

藤村先生の新刊『安売りするな!「価値」を売れ!』はこちらから

ボクも人生初のエクスマセミナーに登壇させていただきました

昨日はボクもエクスマセミナーに登壇させていただきました。

ボクにとってもこの場所は特別な場です。

始まるまでの緊張感は半端なかったー。

しかし、どうしてでしょうね?

藤村先生や短パン社長が作り出してくれていた場のムードは既に最高!

舞台に出れば会場は圧倒的なアトモスフィア(雰囲気・空気感の事をカッコつけてこう言います)

参加者のキラキラした目を見ると、とっても話しやすい!

コレもエクスマセミナーの特徴でしょうね。

 

一般的なビジネスセミナーとは全く違う。まっどんなのが一般的なビジネスセミナーなのか?実はわかっていませんが(笑)

 

オープニングはBEATLESの『HELP』

その後もBGMからエンドロールまでBEATLESづくし!

藤村先生の演出はたちまち参加者を巻き込む力がある。

 

伝え方は魔法だ!

ボクが話させていただいたセミナーのタイトルは『伝え方は魔法だ!』

ボクが携わっているVMDという仕事に、エクスマで学んだこと村上春樹の小説から学んだことを加えると、さらに価値が伝わりやすくなる!そんなお話をしました。

昨日のエクスマセミナーに参加していただいた方のツイートを紹介しますね。

 

ボクのセミナーを機に、村上春樹を読み始めてくれていらっしゃる。amazonnでは『安売りするな!「価値」を売れ!』との併売も多いそうです!

 

最近はオシャレ好きな方の参加が増えていますねぇ!

 

はい、ようやく落ち着くことが出来ました!(笑)

 

えーっ、セミナーよりも最後の挨拶のほうなのー?(笑)

 

はい、順番通りに読んでみてくださいね!

 

いや、同期の皆んなにも並んでほしかったよ(笑)

 

そっちかよー!そして今回もいっぱいありがとう!!

 

ツイートを見ていると、自分の話した内容が客観的に感じ取れます。

聞いていただいた人それぞれの感性が感じ取れて面白いです。

 

インプロビゼーションなセミナー

藤村先生はよく“インプロビゼーション”(即興)という言葉を使われます。

『即興音楽のような経営』という感じでね。

 

セミナーの運営も同じ。

この日も開始直前でエンドロールの音楽を変更。

ボクのコメントが流れる場面では当初『HERE THERE AND EVERYWHERE』を流す予定でした。

実際リハーサルでも流しました。

音楽はBEATLESずくめの日でしたからね。

でも藤村先生との会話の中で、BEATLESでボクがリアルタイムで覚えているのは『LET IT BE』です、という話をしました。

すると、「じゃエンドロール『LET IT BE』にしよう!」そうおっしゃいました。

 

結果的に大正解。

あつーい“気”が体中の皮膚を覆い、やがて毛穴から体の中まで染み込んでくるような、そんな気分にさせてくれたエンドロール。

 

こんな、即興演奏のような対応もエクスマセミナーの醍醐味だと思います。

ツイートしてくれた皆さん、ありがとうございます。

藤村先生、サポート講師の皆さん、同期で学んだみんなありがとう!

そして参加してくださった皆様、ありがとうございます。

またいつか、エクスマセミナーの舞台に立てますように・・・

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

  • 更新情報をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑