なぜ、お買上げ率が低いのか?

公開日: IP, PP, VMD


VMDコンサルタントの藤井雅範です。

街でよく見かける『もったいないなぁ・・・』

街に出てお店を見る度、思うことがあります。

『あっ、もったいないなぁ』って。

それじゃお買上げ率(購買率)が上がらないよなぁ、って思うシーンを良く見かけます。

具体的にはこういった場面です。

 

遠くからでもよく見えるように且つ目立つように、棚の上の高い場所にディスプレイされている。

『あっ、素敵だな!ちょっと見てみよう』そう思って近づいてみる。

いざ棚にたどり着いたものの、その上部でディスプレイされている商品が、売り場には置かれていない。周りを見回しても見当たらない。ディスプレイは高い場所にあるので触れることができない・・・

そういった場面です。

 

『スタッフに尋ねてくれれば良いじゃん』そうおっしゃる方もいらっしゃることでしょう。

お店にいらっしゃるお客様が、既に関係性のできた顧客様ばかりなら、それで大丈夫でしょう。

しかし、実際に尋ねてくれる方は稀なのです。

ではお客様はどうするのか?

 

答えは諦めて店を出ていかれるです。

 

何故か?

今はお店も多い、商品も豊富、ECでも安く手に入る。

わざわざ忙しそうなスタッフをつかまえてまで聞いてはくださらないのです。

まだサンプルに触れてもいない、買うかどうかもわからない商品の場所を。

 

徹底させよう!

だから徹底させることです。

見せているものがスグ近くで手に取れるように陳列出来ているように。

棚の上で見せているものはその下にある。

ラックの前のボディに着せているものはそのラックに掛かっている。

 

それができていないのなら逆に売上をアップさせるチャンスです。

徹底してやりきりましょう。

いつもその状態ができているようにね!

 

きっとお買上げ率(購買率)がアップしますよ!!

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

  • 更新情報をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑