3月24日。今日はマネキンの日|マネキンに関するまとめ記事

公開日: VMD, マネキン

御存知でしたか?

今日、34日は『マネキンの日』だそうです。

 

昭和3(1928)324日、東京の上野公園で開かれた「大礼記念国産振興東京博覧会」という場で、高島屋呉服店が「マネキン」の陳列をおこなったのがいわれ、だそうですよ。

もっともその時は人形としてのマネキンではなく、衣装を纏った女性(マネキンガール)を登場させたそうです。

元々マネキンはフランス語で「モデル」という意味の「マヌカン」が語源であり、英語読みである「mannequin(マネキン)」が日本に伝わって誕生した言葉らしい。

 

フランス読みではなく英語読みが採用された裏にはこんな一説も。

「マヌカン」という言葉は「客をまねかん(マヌカン)」とされて縁起が悪かったため、「招金」とかけて「マネキン」という読み方が採用された・・・とか。

 

マネキンに関してはこのブログでも過去にたくさんとりあげています。

今日はその一部をまとめてみました。

 

アパレル経営者の皆さん、マネキンのこと真剣に考えていますか?

マネキンの使い方が進歩していないように思います。

日本にはマネキンをレンタルしてくれるシステムがある。

マネキンを一新させて、容易にお店のイメージを大きく変化させることが出来るのです。

 

SNS時代のマネキンとは?|VMDツール

商品が同質化するに連れて、マネキンまで同質化してしまっているように思いました。

SNS時代には独自性が価値になる!

 

アパレル経営者の皆さん、マネキンは簡単に捨てられませんよ!|マネキンの活用

店舗の裏の階段やストックの奥に、使われず放置されたままのマネキンやトルソーを時々見て感じたことがあります。

安いからって理由で購入した、マネキン。

FRPで出来たマネキンはカンタンに廃棄できない、ガラス繊維はそのままでは自然に還らないのです。

 

コレを読めば学べる!マネキンの使い方についてのまとめ記事|VMDのシナリオ

マネキンの使い方についてのまとめ記事。

コレを読めばマネキンの使い方が学べます!

 

今日、3月24日はマネキンの日。

一年に一度、じっくりマネキンについて思いを馳せてみませんか?

 

 

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

  • 更新情報をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑