ブルース・スプリングスティーンが伝えたかったこと

公開日: VMD


VMDコンサルタントの藤井雅範です。

トランプ氏の大統領選挙キャンペーンソング騒動

トランプ大統領が、大統領選挙のキャンペーンソングに使った楽曲をミュージシャンたちに「使用しないで欲しい」と抗議されたニュースが有りましたね。

アデル、R.E.M、エアロスミス、と言ったミュージシャンたちからの抗議です。

あなたと自分たちの歌はイデオロギーが違う、そういう思いがあるのでしょう。

 

レーガン大統領とブルース・スプリングスティーン

アメリカでは選挙でキャンペーンソングを使うのは一般的だそうです。

そしてこのように抗議を受けることもよくあるようですね。

そんな発端は、レーガン大統領が選挙のキャンペーンソングにブルース・スプリングスティーンの「ボーンインザUSA」を使用しようとしたことが発端だそうです。

 

『ボーン・イン・ザ・USA』

「ボーン・イン・ザ・USA」はブルース・スプリングスティーンの代表的な大ヒット曲。

アルバムジャケットは、星条旗をバックにリーバイスに白いTシャツ姿。

曲のサビの歌詞は「ボーン・イン・ザ・USA、ボーン・イン・ザ・USA」とフレーズをリフレイン。

ミュージックビデオではそのサビを拳を突き上げながら叫ぶように歌う。

 

こういった面だけを見ると、「アメリカ讃歌」「愛国主義者の歌」と誤解されかねませんよね。

ボクも歌詞の意味がわからずにそんな風に捉えてしまった時期もありました。

しかし本当に歌われている内容は、そうではなかったのです。

 

『ベトナム戦争に送り込まれ身も心もずたずたにされ、帰還してからも職にも付けず行き場がなくなった、そんなひどい目に合わされる国アメリカ、だけどオレの生まれた国・・・』

実はそんなことを歌った曲なんです。

「ボーン・イン・ザ・USA、ボーン・イン・ザ・USA」とフレーズをリフレインするのは、決して“アメリカ万歳”の叫びではなく、“苦しみの雄叫び”だったのです。

 

ブルース・スプリングスティーンの曲には、若者、労働者、帰還兵、時には犯罪者などアウトサイダーの視点から、アメリカの夢と挫折にまつわるストーリーを、歌詞で表現したものが多い。

なのに共和党のタカ派であるレーガン大統領は選挙のキャンペーンソングに使用しようとした。

おそらく、ろくに歌詞の意味も理解しようともせず、スプリングスティーンがほかにどんな曲を歌っているのかも知らずに選曲したのかもしれません。

でも事実を知れば、レーガン大統領もキャンペーンソングに使用しなかったでしょうね。

英語の意味はわかるはずなのにね・・・

 

第一印象やイメージだけではなかなか伝わらないこともあります。

印象深ければ、余計に誤解されることもある。

真意を伝えることって結構難しい。

『伝わるように伝えること』ができれば良いですね・・・

 

 

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

  • 更新情報をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑