ブログを移行する時に気をつけたいこと

公開日: VMD , ,

VMDコンサルタントの藤井雅範です。

 

アメブロからワードプレスへ

ブログといえば、「アメブロ」が有名ですよね?

しかし最近、「アメブロ」といった無料ブログサービスから「ワードプレス」といった独自ドメインのブログへ移行される人が増えています。

ボクも移行したし、ボクのまわりにも移行する人が結構いますね・・・

 

独自ドメインとはこんなふうにイメージして下さい。

無料ブログサービスは「他人の土地を借りて住んでいる」状態。

独自ドメインは「自分で土地を買って住んでいる」状態。

 

 

移行される人が多い理由としては、こんなことが考えられます。

無料ブログサービスのデメリット 独自ドメインのメリット

突然閉鎖されるリスクが有る

商業利用が原則禁止のブログサービスが多い

広告が勝手に入ってしまう

デザインのカスタマイズの制限がある

アクセス解析に信憑性がない・・・

 

「ワードプレス」などの独自ドメインに移行すれば、それらのデメリットが解消されます。

沢山記事を書けば書くほどSEO効果も高まります。

ただし、ドメイン料金、サーバーのレンタル料金と言った費用はかかってきます。(月間1500円程度)

またワードプレスは初めて触るヒトにとってはかなり難しいようです(ボクは開設はプロに依頼、メンテナンスも以来しています)

 

乗り換える時に気をつけたいこと

いままで無料ブログサービスで書いていて、「ワードプレス」などの独自ドメインに移行した場合、当初独自ドメイン自体のSEO効果は低いです。

記事をたくさん書けば書くほど効果は高まっていきます。

そのためしばらくは、同じ検索キーワードで検索しても、以前の無料ブログサービスのほうが上位に出てくる。

やがて逆転しますが、時間はかかります。

過去に書いた記事を新しいブログに移行させるのも手かもしれませんが、恐ろしく手間がかかる。

また、同じ記事が両方に存在するというのも混乱するし、SEO的に不利になるかもしれません。

 

でも以前の読者に引き続き新しいブログを読んでもらいたい、そして新しい読者にも見つけられやすくしたい、ですよね?

そう思うのなら、次の2つはやっておきたいですね。

 

今までの無料ブログに、新しいブログのリンクを貼る、ブログ移行のお知らせ記事を書く。

あたりまえですが、そのままでは読者は新しいブログを読んでくれません。SNSでシェアしたとしても読者全員が見ているわけではありませんから。

自分の検索キーワードを知り、新しいブログのタイトルやカテゴリーに含ませる。

ボクの場合なら「VMD」といった言葉ですね。

 

シークレットモードで確認してみよう!

ブログにどういったキーワードで検索されたか?アメブロやワードプレスなら解析できます。

それ以外のブログはどうなのかな?

また、そのキーワードでweb上で自分のブログが発見されやすいのか?を知りたい場合はシークレットモードで検索して確認しましょう。

シークレットモードというのは「グーグルクローム(Google Chrome)」というブラウザーについている機能。

自分の閲覧履歴に左右されないので、一般的に見た検索結果が判断できます。

それで上位で検索されるように、そのワードは徹底的に活用したほうが良いですよね。

 

そのワードをブログタイトルやカテゴリー名、記事タイトルに含ませるということ。

こうすると発見されやすいはずです。

実際ボクはそういった地道な積み重ねで「VMD」というキーワードで上位検索されるようになりました。

もちろんいちばん大切なのは、良い記事をたくさん書くことですよ。

 

最後に、ワードプレスを自分で立ち上げたい方はこのブログが参考になると思います

紫電改金川豊WEB

ワードプレスの運用方法を知りたい方はこのブログが参考になりますよ。

白藤沙織のブログ

 

ボクは専門知識が多いわけではありませんが、自分がブログ移行時に経験した内容を元に書いてみました。

せっかく書いたブログ、沢山の人に読んでもらって、誰かの役に立てれば良いですものね。

移行はしたものの、最近ブログのアクセスが少ないな?そう思ったあなた。

確認してみましょうね。

ねっ〇〇くん!(笑)

 

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

  • 更新情報をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑