SNSでの発信を店頭での売上につなげるためにやっておきたい事

公開日: SNS, VMD


VMDコンサルタントの藤井雅範です。 

VMDの連動

棚の上でディスプレイして見せているものと、その下にある商品。

ボディで見せているスタイリングとその後ろのラックにかかっている商品。

これらを連動させることが大切、このブログでもボクはよくそう書いています。

 

「ディスプレイしているものに目が行ったお客様を、素直に誘導して差し上げましょう」そういう意図ですよね。

逆に、そうなっていなければどんなにキレイにディスプレイされていても、どんなにインパクトがあるディスプレイがされていても、お客様はその商品にたどり着けません。

さらにはどこにあるかわからないからと言って、いちいちスタッフに訊ねても下さいません。

そのまま出ていかれるだけなのです、他にもお店は沢山あるのだから・・・

 

SNSとの連動

コレって、SNSでの誘導でも同じなんです。

 

あなたがとても素敵にお店の商品を着こなしているとします。

そしてそれをinstagramに投稿する。

「あっ素敵だな!」その写真を見てそう思ったお客様。

「仕事帰りにお店に行ってあの商品を実際に見てみよう!」とお店に立ち寄られました。

いざ、お店につきました。

あなたは休憩で不在。

あなたが着ていたスタイリングがどこにあるのかわからない。

そんなときお客様はどうされるでしょう?

 

他のスタッフに「昨日〇〇さんがinstagramにアップしていた商品はどこにおいていますか?」そう聞かれると思いますか?

いいえ、おそらくは諦めて帰ってしまいます。

幸いあなたがお店にいたとしても、ほかのお客様を接客されていた最中だとしたら、同じように帰ってしまわれるかもしれません。

では、どのようにすればよいのでしょうか?

 

SNSはあなたの代わりに販売を手伝ってくれる!?

はい、そうです。

素直にinstagramに投稿したスタイリングをボディに着せておけばよいのです。

そしてよく目につく場所に配置する。

そのまわりに実際その商品が、手にとってお買い上げできる状態で陳列されている。

instagram⇒ボディのディスプレイ⇒ハンガーまたは畳まれて陳列

このように連動させる、ということ。

 

あなたの影響力が強ければ強いほど、そうした方が良いのです。

それが出来ると、あなたが不在でも接客中でもお客様はその商品に出会える。

 

SNSは忙しいあなたの代わりに、販売を手伝ってくれるのですよ。

発信して終わり、では持ったいないのです。

 

いらっしゃったお客様がすぐに見つけられるように、店頭も連動させましょうね!

あなたの一回の発信が、実際の商品との出会いにつながり、お客様が喜んでくださる。

そういうことですね!

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

  • 更新情報をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑