『ビジネスとは戦いだ!戦術・戦略・勝ち負けだ!』なんて考えていませんか?

NHK朝の連続ドラマ小説『べっぴんさん』

VMDコンサルタントの藤井雅範です。

 

今朝、NHKの朝ドラ『べっぴんさん』を見ました。

劇中のセリフでとても印象的な言葉が出てきました。

 

主人公は、子供服の企画と小売を行う4人の女性たち。

店舗では『子供相談室』と銘打って、お店の中で無料で相談を受け付けます。

4人の中のひとりは元ベビーナースで、赤ちゃんを育てる上で的確なアドバイスが出来たから。

 

そして、そこでの相談の数々を、冊子にまとめてお渡しすれば喜ばれるのでは?と4人で話し合っていました。

するとその話を聞いた彼女たちの夫からはこんな声が。

『そんな企業秘密を無料で渡してよいのか?』

『他に真似されたらどうすんねん?』

その声に対して彼女たちはこう言います。

『この冊子があることで、事故が無くなったり赤ちゃんとお母さんがもっと幸せな日々が送れるんやったら、それで良い』

 

ビジネスの本質とは?

money-73341_640

彼女たちの言葉は真理だと思う。

儲かったらそれで良い、自分たちの利益にしか興味がない、競合他社は全て的、ビジネスとは戦い、戦術・戦略・勝ち負けにこだわる・・・もしもこんな思いや考えが先にあったらどうでしょう?

お客様のことを見ているとは、とても言えないと思いませんか?

 

子供服という商品を通じて、お母さんたちの不満・不便・不自由を解消するお手伝いをしよう。

彼女たちのそんな思いは、本質をついていると思います。

 

儲かったらそれで良い、自分たちの利益にしか興味がない、競合他社は全て敵、ビジネスとは戦い、戦術・戦略・勝ち負けにこだわる・・・もしもあなたの会社がそんな風なビジネスをしていればとてもキケンです!!

口では『お客様のために』などと言いながら、実際は戦いに勝つこと、すなわち競合他社を見ている。

だとしたら本質が見えていない。

 

NHKの朝ドラは、ビジネスへの気付きが沢山盛り込まれていますよ!

 

・・・・・そういうことです。

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

  • 更新情報をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑