まだ暑いのにもう秋冬モノ?|思考の変換

公開日: VMD, マーケティング


平均気温は上昇している

「暑いですね〜」、なんて言葉は聞きたくないので、自分でもなるべく言わないようにしています。

ただ、確実に年を追うごとに暑くなっている気がする・・・

30度を超えるなんて、とんでもなく暑いと思っていたのが、近頃は35度なんて数字が聞こえてくる有様。

 

やはりデータを見ても毎年平均気温は上昇する傾向が続いています。

しかしファッションのお店の様子はどうでしょうか?

相変わらずお盆をすぎれば、本格的に秋物が立ち上がり秋冬商材を展開しなければならない、といったような風潮があります。

昨日見たショーウインドウでは、毛皮ベストのディスプレイも見られました。

しかしこの暑さでは、いよいよそんな風潮が受け入れられなくなるのでは?そんな気がします。

 

アパレルメーカーやお店といった売る側の都合だけで考えるとそうなるのでしょう。

夏のバーゲンセールを後ろだおしにする勇気もない状態では、プロパーでの販売期間がどんどん少なくなっていきますものね。

だからお盆をすぎれば秋冬モノの本格展開。

でもこの暑さでは魅力を感じづらくなってきている。

さて、みなさんはどのように対応していますか?

 

お客様はお洋服が欲しい訳じゃない

お客様の立場で考えてみましょう。

この暑い時期に「分厚い素材の秋冬モノがすぐに欲しい!」そう考えている方は少数でしょう。

殆どの方は、なにか買いたい気持ちはある。

でもお店は秋冬物一色だから買うものがない、又は仕方なく早めに買っておく。

でもできれば、「買ったものはスグに着用したい!」という気持ちの方が多いのではないでしょうか?

だとすれば、今までと思考を変えてみてはいかがでしょう?

お客様はあなたのお店で洋服だけが欲しい訳じゃない。

自分の暮らしをファッショナブルにしてくれるものなら、お洋服と同じように興味がある、という風に。

{"total_effects_actions":0,"total_draw_time":0,"layers_used":0,"effects_tried":0,"total_draw_actions":0,"total_editor_actions":{"border":0,"frame":0,"mask":0,"lensflare":0,"clipart":0,"text":0,"square_fit":0,"shape_mask":0,"callout":0},"effects_applied":0,"uid":"E8FACD3D-3324-4581-91F8-85919365687E_1463621123627","width":1080,"photos_added":0,"total_effects_time":7548,"tools_used":{"tilt_shift":1,"resize":0,"adjust":0,"curves":0,"motion":0,"perspective":0,"clone":0,"crop":0,"enhance":0,"selection":0,"free_crop":0,"flip_rotate":0,"shape_crop":0,"stretch":0},"source":"editor","origin":"gallery","height":1440,"total_editor_time":56343,"brushes_used":0}

お店によってはお洋服にこだわらずに展開しているところもあります。

多く見られるのは靴やバッグ、アクセサリーといったファッショングッズを中心に展開するように売り場を変更しているお店ですね。

いつもとは見え方が違って新鮮に感じられます。

そして「分厚い素材の秋冬モノ」の露出は少なく抑えることが出来る。

お客さまにとっても、暑苦しさを感じずにお店に入れるし、ファッショングッズならスグに着用できる。

 

考えてみるとファッショングッズだけでなくても良いのではないでしょうか?

そのブランドやショップの世界観を伝えられるもの。

例えば書籍やCDや食器やインテリアグッズなど。

普段はお店のスペースの関係で展開できていないものを大きく展開するチャンスでもあります。

食品やスキンケアグッズでも良いかもしれません。

小さな坪数のお店でも、世界観を伝えることとお店のフェイスを変えることが同時に叶います。

フェイスが変われば、いつも見ているお店でも「あっ、なにか変わったな?ちょっと覗いてみよう!」という気持ちになります。

そして、「分厚い素材の秋冬モノ」の記憶も残すことができるので、実売時へもつながってきますね。

 

ただ、大切なのはブランドやお店のテイスト、コンセプトに沿ったセレクションをすることです。

そこでさらにお店やブランドやスタッフへの「共感」が生まれればよいですよね!

 

・・・・・そういうことです。

 

VMDセミナーを東京で行います。

詳しくはこちらから

 

 

 

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

  • 更新情報をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑