動きのあるお店に人は集まる|フェイスチェンジの効果

公開日: VMD, VP, 入店客数, 顧客

顧客様中心でも同じこと

うちのお店はおなじみさん、ご贔屓さん、顧客様で成り立っている。

だからそのお客様を大事にしていれば良い。

だからお店もいつもどおり、変化を付ける必要はない、そう思ってはいませんか?

 

もちろんおなじみさん、ご贔屓さん、顧客様を大事にすることは重要な事です。

わすれてはいけません。

コレは真理ですよね。

ただ、だからといってお店に変化をつけない、いつもおんなじで良いのでしょうか?

 

実は顧客様ほど変化に敏感

あなたがお店のイメージをガラッと変えても、あなたのお店に興味のない人や初めて前を通る新規客には気付かれません。

気付いてくださるのは、あなたのお店をいつも見ている人、あなたのお店に興味のある人です。

こういった人たちは、すでに顧客様なのです。

あなたのお店に興味を持っているのだから。

 

人は動きのあるものに視線が行くようにできています。

いつも変わらないものより、変化したものに注意が働くのです。

「あっ、なにか新しい商品が入ったのかも?」

「あっ、あんなのがあったんだ!」

「今日は寄る予定ではないけれど、ちょっと覗いてみようかしら・・・」

そんなふうに感じていただくことが出来るのです。

だから、顧客様中心のお店ほど、フェイスを変化させる効果があるともいえます。

 

フェイスチェンジについて

お店の表情を変えようとしても、毎回大きな投資をしたり、大きな作業が伴うと大変。

カンタンに印象を変えるポイントを抑えたいですね!

IMG_5502 (1)

ショーウインドウ、VPスペースを活用する

過去にはショーウインドウをおざなりに考えて、目立たない場所に設置したり、店内の視認性を優先するあまりバックパネルもなくインパクトのないものになったりした時代がありました。

そんなショーウインドは、変化させても目立たないのにね。

 

ショーウインドウ(=ガラス越しに見せるディスプレイスペース)であろうと無かろうと、目立つ場所でVPスペースを設けましょう。

いま設定されていなくても、ちょっとしたステージ(台)やパーテーション(バックパネル、衝立、グリーンなど)があれば、お店の中でも作れます。

 

そうして設定したショーウインドウやVPスペースは変化が目立つ場所であります。

ここで見せている商品を変えるだけで変化が出ます。

特に人が変化を意識するのはカラーです。

だから見せる色をガラッと変化させることで効果がアップするということ。

 

こう考えるとカンタンでしょ?

できれば毎週、無理なら隔週で変化をつけていきましょう。

きっとお客様がお店を覗いてくれる回数に変化が出て来ます。

こんな風に、まるでお化粧をするようにお店のフェイスを変えること。

それも“おもてなしの心”なんですね。

 

・・・・・そういうことです。

 

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

  • 更新情報をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑