カフェ、ファッション、シューズ、ライフスタイル|アーバン・アウトフィッターズでの店舗体験


この春に訪れたニューヨーク。

以前からアーバン・アウトフィッターズには注目していて、今回も数店舗巡りました。

アーバン・アウトフィッターズ ヘラルド・スクエア店

アーバン・アウトフィッターズは洋服、服飾雑貨、書籍、コスメなどのカテゴリーを展開している、ヤングカジュアルテイストのライフスタイルストア。(日本での展開はまだありません)

印象的だったのがヘラルド・スクエアのお店です。

ヘラルド店の外観

ヘラルド・スクエア店の外観

入り口には『UO CAFE』

カフェは朝早くから(多分9時過ぎにはオープン?)開いていて、とっても賑わっています。

通勤途中らしきの人たちがコーヒーを飲んでいたりね。

サンドウイッチやマフィンやクロワッサンも充実。

アーバン・アウトフィッターズらしく、明るくて元気が出そうな内装。

もちろんスタッフも明るく応対しています。

開放的で気持ちのよい空間です。

“活気の素”を、このCAFEのキッチンが作り出していて、換気ダクトを通してお店全体に送り出しているんじゃないか?と思えるほど・・・

UO CAFEのカウンター

UO CAFEのカウンター

もちろんカフェから店内にはアクセス可能。

格子ガラス越しにお店の中がよく見えます。

コーヒーを飲みながら、めぼしい物の物色も可能。

ボクもまずカフェに入ってコーヒを飲んでいたのですが、思わず店内に入りたくなりましたよ。

CAFEから店内を見通せます

CAFEから店内を見通せます

広大なシューズコーナー

この店には二階にシューズコーナーがあり、大きなスペースが割かれています。

広いシューズコーナー

広いシューズコーナー

これはアーバン・アウトフィッターズのみならず、サックス・フィフスアベニューといったデパートメント・ストアでも感じたことです。

“シューズコーナーに大きな面積を割いて、且つそこが賑わっている”という現象。

 

たしかにニューヨーカー、それも女性は靴に気を使ってる印象が、ボクにはあります。

靴のコーディネートが洗練されているような感じ。

TPOをわきまえているだけでなく、自分に似合う靴のスタイルを良く知っているような気がします。

決して『履きやすければいつもおんなじで良いや!』という選択ではない、というように思います(笑)

いまにも『靴が決まらなけりゃ、ファッションが決まらない!』といった声が聞こえてきそう・・・

店舗体験を大切に考える

1Fの奥には、アーバン・アウトフィッターズらしい『INSTANT PHTOGRAPHY』(実際“チェキ”みたいなインスタントカメラを商品として売っています)で撮影した写真を貼りだしたコーナーや、日本でいうプリクラ・マシンが設置されてあったりします。

IMG_5031

プリクラ・マシン

プリクラ・マシン

 

更には、アーバン・アウトフィッターズならではの光景が見られました。

それは営業時間中から、平然と大きなディスプレイ替えを行っている風景。

営業時間中にも大胆なディスプレイ替えを

営業時間中にも大胆なディスプレイ替えを・・・

これは同じアーバン・アウトフィッターズ社が運営する、アンソロポロジーというお店でも見られる光景です。

 

一般的にこのような売り場変更は閉店後を利用して行われますよね。

でもアーバン・アウトフィッターズやアンソロポロジーのお店では、専門のスタッフが常駐しており、商品入荷やMD変更計画にそって、素早く対応している模様。

だから売り場にも常に鮮度がキープされているのでしょうね。

ボクたちがやむを得ず営業中にディスプレイ替えの作業をする場合、どうしてもお客様に気を使いながら、少し腰が引けたような状態で行うことが多い(笑)

しかし彼らは、とても自然体です。

まるでよく訓練された入国審査官がパスポートに押印するみたいに振舞って作業している。

 

店内がよく見通せて、ゆったり過ごせるカフェがあることで、お店に行く機会が増える。

お気に入りのシューズ・コーナーはついリピートしたくなる。

『INSTANT PHTOGRAPHY』やプリクラがあるとコミュニティを感じる。

ディスプレイが常に変化しているから、又売り場を覗きたくなる。

 

アーバン・アウトフィッターズ社って、お客様のこんな気持ちをよくわかっている企業なんだな・・・

改めてそんなふうに感じました。

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

  • 更新情報をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑