完璧な文章などといったものは存在しない|村上春樹に学ぶビジネスのヒント


IMG_8496

『完璧な文章などといったものは存在しない。完璧な絶望が存在しないようにね。』

このセンテンスは村上春樹の「風の歌を聴け」のオープニングです。

 

“完璧な文章などといったものは存在しない”

この小説では作者がそれを、ある種のなぐさみと捉えて創作活動に励んだ、ということです。

同時に“完璧な絶望が存在しないようにね”とあります。

こちらも創作活動への励みになったことでしょう。

ブログでも同じこと!

もしみなさんがブログやフェイスブックを書きたい、と思っているのならば、この文章を時折思い出してみてください。

毎日毎日、ブログやフェイスブクで発信し続けることは大変なことですよね!

毎日が8月31日のような気分かもしれない(笑)

でも発信し続けるってことはとても大切なことです。

 

もしみなさんが、自分のビジネスや自分自身を誰かに知ってほしい、ソーシャルメディアで交流したり影響力を持ちたい、と思っているならば・・・

そして今はそれが誰でも出来る時代になっている。

ただ使い方を知らない人が多いだけ。

だからチャンスも多いのです。

すでに新しいルールの新しいゲームが始まっている。

誰にもそれを止めることなんて出来ない。

まずはじめよう!

完璧な文章なんて存在しないのです。

だからまず書き始めること。

内容はあなたの好きなこと、得意なことを書きましょう。

書き方がわからないのならば、尊敬できる誰かの書き方を真似ましょう。

書き方は真似で良いのです。

内容があなたの好きなこと、得意なことであればそれは独自の発信になる。

書き方を学ぶには?

書き方を学ぶには、尊敬できる誰かの発信を見逃さないこと!

ボクの場合は、マーケティングの師匠である藤村村正宏先生です。

藤村先生の発信は見逃しません。

 

あと、エクスペリエンス・マーケティングで学ぶ仲間たちの発信もね。

そして村上春樹さんの小説からもヒントをもらいます。

やっぱり共感きるし、気付きが多い!

ボクが好きな作家さんだからかな・・・

 

そして真似できるところは徹底的に真似すれば良い。

エクスマの仲間には、藤村先生のブログを写経(何度も何度も書き写すこと)している猛者も居ます!(笑)

やがて独自の文章になる!

藤村先生や、村上春樹さんが好きだからといって、実際書くのはボク自身です。

好きなこと得意なことは、VMDやファッションビジネスやマーケティング。

だから結果的に独自の文章になるのです。

IMG_8497

“完璧な文章などといったものは存在しない”

そうです、完璧なんて目指さなくて良いのです。

あなたが得意なこと好きなことを、尊敬できる発信者を真似て書き始めればよいのです。

まず行動を起こすこと!ですよね。

 

・・・・・そういうことです。

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

Comment

  1. 高橋利也 より:

    でも現在の春樹さんの文章は完全の領域です。つくるの小説なんてあまりに凄すぎました。

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

  • 更新情報をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑