Free&EasyとHail Mary Magazine|さて、リアル雑誌の将来は?


Free&Easyというメンズのライフスタイル雑誌が3月号で休刊した。

とおもいきやHail Mary Magazineという新しいライフタイル雑誌が6月号から創刊。

同じ編集長、小野里稔氏による船出。

事実上ネーミングを変えただけの引き継ぎか?とも思われました。

出版業界の現実

雑誌、テレビ、ラジオ、新聞といったマスメディアが不振だといわれています。

それにはスマートフォンの普及とそれに伴うソーシャルメディアの急速な拡大が背景にあるといえるでしょう。

そしてこれらのツールやメディアが、我々の生活にしっかりと根を下ろし始めていることも事実です。

ただ、だからといって書籍や雑誌がこのまま無くなってしまうとは思えません。

いや思いたくないというのが正直な気持ちです。

それは、雑誌書籍の楽しみは書かれているコンテンツ(内容、情報)だけではないと、ボクが思っているから。

お気に入りの雑誌を手にした時の、重みや手触りや微かなインクの匂いなんかが、たまらなく好きだから・・・

Free&EasyとHail Mary Magazine

IMG_7816

Free&Easyという雑誌は、ラギッド(男くさい、武骨な、粗野な)なテイストのファッションや、アメリカンカルチャーをテーマにしている様に思います。

取り上げるファッションも自体も共感できるテイスト。

さらにライフスタイルを表現する際のアメリカの風景写真などは、厳選されたものが使用されている。

以前、新しいお店の内装コンセプトを決定する際に参考にさせてもらったこともあるほどです。

 

また、シンボル的な存在として今は亡きスティーブ・マックイーンが度々取り上げられたり。

ターゲットは明確に絞り込まれ、コンテンツもそのターゲットが共感を覚えるものに徹している。

そういう意味では、マスメディアでありながらもサブカルチャー的な発信でコアな読者を掴んでいる、ちょっと特異な存在であったようにも思う。

 

そしてHail Mary Magazine。

基本的にはFree&Easyのテイストを継承していると思います。

いや、さらに絞りこまれた内容になっているといえるでしょう。

Free&Easyに時々見受けられたような、テイストは準じながらもすこ~しマスを意識した内容は見当たりません。

テイストを更に奥深く落とし込んだ紙面になっているように感じました。

マスに流され安物に流され失敗しているファッション業界を目の当たりにしてきた自分としては、とても共感できる変更ポイントです。

リアル雑誌だから出来ること

そしてボクが一番感じたこと。

実にそれは雑誌の手ざわりなんです。

Hail Mary Magazineは、明らかに手にした時の質感が高い。

手ざわりが良いのです。

Free&Easyは上質ながらもツヤのある表紙。

対してHail Mary Magazineはマットでサラッとした手ざわり。

手にしただけで高質感を感じます。

その質感のテイストは表紙だけでなく、中のページにまで継承されています。

 

さらに手にした時の重さ。

Free&Easyはしっかりと重みがあった。

対してHail Mary Magazineは軽いのです。

ちなみにページ数はほぼ同じ。

高質感のある手ざわりなのに軽い、というのは、実際手にした時のストレスが少ない。

 

こういった、雑誌の手ざわりというものはWEBマガジンや電子書籍では味わえません。

リアル雑誌だからこそ感じられるもの。

だからこの手ざわりはとても正解なチョイスだと感じましたね。

 

リアルな雑誌だからこそ出来ることって、まだまだあるように思います。

先述の手ざわりはもちろん、印刷のインクの匂い、コレクションして並べた時の所有感もそうですね。

さらに付録を使えば、良い香りの演出や美味しい味覚の演出も可能。

まさにライフスタイルを表現する上ではとても有効な手段であることは間違いない。

いわば五感で価値を伝えることが可能ということ。

そして今のところ、WEBマガジンや電子書籍では視覚と聴覚にとどまっています。

なんといっても、待ち焦がれた発売日に購入して、そっとページを開くときのちょっとしたワクワクドキドキ感、コレってリアル雑誌ならではのものだと思いませんか?

 

Hail Mary Magazine創刊号を手にして、雑誌の可能性の広がりを感じました。

リアル雑誌で、もっともっと読者を楽しませてくださいね!

 

・・・・・そういうことです。

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

  • 更新情報をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑