間違っていませんか? A看板の置き方。

公開日: VMD, 入店客数 ,


A看板ってありますよね。

横から見ればアルファベットのAみたいに見える、アレです。

IMG_4324

 

A看板に何を書くか?

今回ニューヨークの街角でもたくさん見かけました。

アナログだけど味があって良い。

上手い下手も一目瞭然かも?

でもやはりその中身、何を書くか?が大切です。

具体的には、あなたのお店に興味を持っていただけるメッセージを書くことが大切。

IMG_4413

 

 

ターゲット(読んでいただきたい人)を絞り込んで書く。

売り手都合の言葉ではなく、買い手の立場に立った言葉を書く。

そんなコツは存在します。

それに関しては沢山の人がか既に書いていると思うので、今日は違う観点から。

IMG_8250

コレはニューヨークではありません(笑)

A看板が効果があるのはなぜ?

何故、A看板は効果があるのか?

単純にA看板はお店の前に置くことで、お客様の視線をお店へ向けることが出来ます。

それはなぜか?

一般的にお客様はお店の前を横切るように歩いてきますよね?

お店の正面に向かって有りてくることは少ない。

しかしA看板は横切るように歩くお客様に正対して立っています。

歩いてくる人に自然止めに入るように立っているわけです。

だから自然止めに入りやすい。

そこで、その内容、キャッチコピーに心が惹かれるとお店に目を向けてもらえるというわけです。

そしてお店の入り口やショーウインドウや店内に興味を持ってくれた人がお店に入ってくださる、という誘導に繋がります。

IMG_4325

歩いているだけで自然と目に入る、A看板。

IMG_4297

A看板に興味を持つと、お店に目を向けてもらえる。

A看板をどう置くか?

だからまず最初に大切なのは、歩いてくるお客様と正対するように配置することなんです。

たまに、お店の正面に向けて置いているのを見かけます。

それでは効果が半減なんですよ!

お店の正面=既にお店が目に入る向き、なんですから。

まず歩いてくるお客様の目に入る→次にお店に目を向けてもらう

この順番ですよね!

 

・・・・・そういうことです。

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

Comment

  1. のりあん より:

    A看板という名前と向きを
    はじめて知りました。
    ありがとうございます😄

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

  • 更新情報をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑