大人だから素晴らしいのではない。大人という容れ物に何を入れるかが問題なのだ。

公開日: VMD, 文学, 村上春樹


今日は1月3日。

まだまだお正月気分。

朝から本を読んでいます。

村上春樹さんの『村上さんのところ』という本。

『村上さんのところ』

IMG_1388

この本は読者が村上春樹さんに投げかけた質問に、村上さんが応えるという形の内容です。

そのために読者から投げかけられた質問は3万7465通に上るらしい。

村上さんは3ヶ月以上かけて全部読み切ったそうです。

そのなかから3716通を選び返事のメールを書いたそう。

この本ではその中から選ばれた473通のやり取りが収録されています。

 

内容は、単なる質問だけにとどまらず人生相談のようなことから政治的なことまで、こんなことを質問するんだ!という意外な質問が山盛りで、読んでいてとても楽しめました。

その中で興味深かった内容について書いてみます。

28歳の女性からの質問

この質問(というか相談)は30歳を目前にした女性から。

“今まで生きてきて何一つ達成したという実感がなく、自分が、思い描いていた素晴らしい大人になれていないことで、心が挫けそうになる・・・”と言った内容。

それに対する村上さんの答えはこうです。

『大人というものは素晴らしいものだ、という考え自体が間違っているような気がする。大人というのはあくまで容れ物。何を入れるかはあなたの責任。達成なんて簡単には出来ない。ちょっとずつそのへんのものを容れ物に入れて行くことから始まる・・・』

と言った内容でした。

大人というのはあくまで容れ物

本当にそのとおりだと思います。

『大人というのはあくまで容れ物』

小さな頃には少ししか入らなかったものが、大人になるとたくさん入るようになる。

そしてそこに何を入れるのかは、その容れ物の持ち主であるその人自身。

キラキラと輝き人の目を楽しませる宝石を入れるのか?

汚れたゴミを貯めこむのか?

その中身に意味があるのであって、大きい小さいにあまり意味は無い。

とても小さいけれど価値のある容れ物もあるし、サイズは大きいものの何の役にも立たない物もある、ということですよね。

そしていつの瞬間でも何を入れるかはその持ち主である自分で決めることが出来る!

とても共感できる考え方です。

 

ボクなんか17歳の頃から、なんにも変わっていない。

ただ、容れ物が大きくなった分入れる内容をセレクトする目が多少養われてかなっ、て思うくらいです。

今でもたまに、とんでもなくつまらないものを入れている気がするけどね(笑)

 

もちろん大人になったから偉い、なんてのは幻想に過ぎません。

全てはその容れ物に何を入れていくか?なんですよね。

 

『村上さんのところ』という本。

面白いなぁ。

今日はこの本をもう少し楽しむことにしよう。

 

・・・・・そういうことです。

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

PAGE TOP