わざわざ足を運びたくなる“魅力あるお店”の演出方法


VMDコンサルタントの藤井雅範(ふじいまさのり)です。

 

昨日『魅力あるお店とは?』という記事を書きました。

魅力あるお店とは、お客様を楽しませるための演出や接客・応対が行われているお店。

だから立地にかかわらずわざわざ行きたくなる、という内容でした。

 

ではどんな演出が考えられるでしょうね。

 

外観・ファサード

あたかも、もう何百年も前からある様な外装

路面店の場合は建築の外観から期待感を抱かせるような魅力があればよいですよね。

『あっ、入ってみたい』と思わせる魅力がある外観。

 

ショーウインドウ・VPスペース

リアルで美しいポーズのマネキン

単に売りたいものを見せているだけでは、お客様を楽しませる演出にはなりません。

・その商品が似合うシーン(場)を表現する。

その商品を身につけた時にどんな体験ができるのか?というイメージを膨らます演出があったほうが良いですね。

 

・その商品の良さを増幅させるプロップスを使う。

『色』なのか『素材』なのか『フォルム』なのか『ディティール』なのか?

その商品で一番伝えたい部分を強調する演出を行うことができればよいですね。

 

ステップフロア・階段

ちょっとおどろおどろしいぐらいの踊り場です

一般的な入りやすさを優先したお店の場合、段差や階段というものはお客様が回遊する上で障害になりがちです。

しかし、わざわざ行きたくなるような魅力のあるお店では、逆に効果的な使い方ができます。

・ムードを切り替える

ちょっとした段差があることで、ムードを切り替えた空間を作ることが出来ます。

その段差から、置いている商品のカテゴリーを切り替える。

それにともなって床や壁の色や家具や什器といったインテリアをゴロッと変化させてみる。

そうすることで期待感を持ってそのコーナーに移ってくれます。

 

・階段や踊り場を演出する

階段を昇降する作業というのは、ついつい冷静になりがちです。

お客様の気分を下げることなく、期待感を上げる演出をしてみたいですね。

商品だけでなく、ヒストリーを感じさせる額装やポスターを用いたり。

お店やブランドのテイストを表現するプロップス(演出小物)やアンティークのコレクションを飾るスペースにしたり。

階段という、物理的な障害を期待感を上げる空間に変換させる演出をしてみましょう。

 

フィッティングルーム

Exif_JPEG_PICTURE

試着をする機能的なスペース、これだけではもったいないです。

ゆったりとした気分で落ち着いて試着できる空間。

お客様自身が自らの魅力に気がついていただけるような空間にしたいですね。

そのためには十分な広さや、センスの良いインテリアや、ムードを増す照明があればよいですね。

大きなミラーも欲しいです。

更に、フィッティングルームでは香りの演出も効果的です。

“フィッティング”という行為を冷静な試着作業ではなく、心躍る変身の場と思っていただけるようにするのです。

 

また、ともするとお客様がスタッフに気を使ってしまいがちな場所も、このフィッティングルームなんです。

「早く着替えなきゃ」「スタッフが外で待っているわ」そんな余計な気を使わせないことです。

そのためには「どうぞごゆっくりくつろいでくださいね」「もし必要でしたらお声がけくださいね。すぐに参りますから・・・」といったような、お客様をおもてなしする気持ちでお声がけすることも大切です。

 

お客様を楽しませるための演出や接客・応対。

あなたのお店ではどんなことが考えられますか?

良い例があれば教えて下さいね!

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

  • 更新情報をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑