コンペティター(競合他社)のシェアを奪うことが目的ではない!


VMDコンサルタントの藤井雅範(ふじいまさのり)です。

 

以前ボクがアパレルメーカーの社員として、卸事業のブランドを担当していた時代。

ボクの仕事はその商品を販売してくださる専門店さんに赴いて、店頭のVMDや販売促進の支援を行っていました。

そのお店では自社のブランド以外の商品も扱っている。

いわば、競合他社の商品、という言い方も出来るかもしれません。

しかし我々VMDチームは、自社商品であろうと、他社商品であろうと関係なく扱いました。

そのお店に訪れるお客様が、一番快適にお店を楽しんでいただくことを考えて仕事をしていたのです。

ファッションショー

それはファッションショーの支援をするときもおんなじです。

ブランド別でショーは表現しますが、スタイリングのコーディネートはブランド関係なくすべてボク達VMDチームに任されていました。

専門店さんからVMDの専門家として信用があったのでしょう。

他社商品であろうと、その会社から来ている社員ではなく、我々VMDチームに任されていたのです。

当然ボク達も自社他社関係なく、ファッションショー全体の構成が楽しめることになるように、スタイリングを組んでいきました。

消費者に楽しんでいただくために

成果は、そのお店全体の売上です。

その時点での自社商品の売上に一喜一憂することはありません。

ボク達が専門技術を発揮することで、いらっしゃるお客様がより楽しめるファッションショーや店舗環境に仕上がる。

お店の売上に貢献する。

結果として、自社の展示会での受注が増えたらそれで良いわけです。

なので、単に一回の展示会で受注がたくさん取れることが目的ではない、ということです。

もちろん、他社のシェアを奪って自社の売上を伸ばそう、というものではない。

最終消費者がファッションを楽しめる店頭作りに対して支援し続ける。

卸先の売上が向上する。

結果、受注額が増える、という結果になるということ。

みんなが幸せになるやり方ですよね!!

実はボク達はそんなふうに仕事をしてきました。

 

コンペティター(競合他社)の動向を気にして、シェアを奪ったりすることが目的ではない。

他と比べるのではなく、自分たちが得意なこと、世の中に貢献できることに集中すること。

その結果として、利益が生み出されるということを行っていたんです。

世の中に笑顔を作り出すビジネス!

このお話は遠い過去の出来事かもしれません。

しかし、今からはもう一度そのスピリッツを思い返す時だと思う。

よそが安売りするから、うちはもっと安くしよう。

他所でこんなのが売れているから、うちも真似して作ろう。

こんなことを繰り返していては誰も幸せになりません。

他と比べるのではなく、自分たちが得意なこと、世の中に貢献できることに集中すること。

そんな商品やサービス。

その先に、笑顔になる人達がきっといるはずです。

 

ステキなファッションは人々を少し幸せな気分にさせてくれます。

幸せな人は自然と笑顔になっているはず・・・

世の中に笑顔を作り出すビジネスをしたいものですね!

 

 

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

  • 更新情報をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑