マニュアルで表現できるのは氷山の一角にすぎない・・・


VMDコンサルタントの藤井雅範です。

ディスプレイのテクニック

お洋服をディスプレイして見せる時、細かいテクニックというものは存在します。

しかしそのテクニックをいつでも発揮できるように勉強できる、教科書的な存在には未だ出会ったことがありません。

残念ながら、マニュアル化できない部分が厳然とあります。

そしてそれをおろそかにしてはいけないのです。

ファッションには流れがある

なぜならファッションというものには『流れ』があるから。

『トレンド』と言い換えても良いでしょう。

そしてファッションはコーディネート(組み合わせ)です。

 

一点の同じ商品があったとします。

定番的なポジションで年を経ても変化の少ないデザイン。

例えばオックスフォード生地の白いボタンダウンシャツ。

ずっと昔のアイビー全盛の頃にはチノクロスのパンツに合わせていて。

少し前ビジネスカジュアルが流行りだした頃にはネクタイを締めてデニムに合わせて。

そして今ならスゥエットパンツに合わせて、キレイ目なリラックススタイルになるかもしれない。

 

着こなしも違いますね。

アイビーの頃にはボタンを一つだけ開けて。

ビジネスカジュアルは上まで締めて。

スウェットパンツに合わすのなら、二つ開けて、ボタンダウンの襟の剣先のボタンまで外して。さらにシャツの裾はパンツの外に出す。

このように、同じオックスフォード生地の白いボタンダウンシャツでも着こなし方が変化します。

アイビー、ビジネスカジュアル、キレイ目リラックスと流れが変化します。

それによって、コーディネート、着こなしも変化するのです。

深く伝わる表現とは?

もしもどんな場面でも、白のボタンダウンシャツを同じようなディスプレイをしていたとしたら???

その時々の時代、ムード、が反映されずにディスプレイされていたら??

ファッションとしてのボタンダウンシャツの魅力は、きっと伝わりません。

ビフォア

ビフォア

アフター 同じ商品でも、細かなテクニックで伝わるムードは変化します!

アフター
同じ商品でも、細かなテクニックで伝わるムードは変化します!

だから、同じ一点の商品でも、その時見せたい見せ方・表現方法を瞬時に判断できた方が良いのです。

そしてそれを教科書的にまとめていくのは難しい。

ファッションの流れを汲んで、良さを引き立てるコーディネート相手を見つけて、そのブランドらしさ、その店の立地・ターゲットを加味して表現する。

それを瞬時に判断するのは、マニュアルだけでは対応しきれない部分があります。

教科書的なマニュアルの限界

教科書的なマニュアルというものは必要であるし、有効性もあります。

これを知って活用すれば売り上げアップにつながります。

しかしそれは氷山の一角を示すものでしかありません。

さらにその奥の部分に、『深く伝わるテクニック』というものはあるのです。

そしてそれは練習を積み重ねる上で身についていくのです。

近道を一つだけお伝えします。

ファッションを好きになること!

ファッションをビジネスの手段としてしか考えていなければ、深い部分の修得には時間がかってしまう。

 

・・・・・そういうことです。

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

PAGE TOP