遊びのような仕事をしよう!

公開日: VMD ,

VMDコンサルタントの藤井雅範です。

IMG_0977
バランスが良い、バランスが悪い。

お店で商品をディスプレイする場合の表現でもよく使われる言葉です。

その場合、カラーのバランスもあれば、配置のバランスもある。

カラーでいうと、ハーモニーの良し悪しのことが多いし、配置であれば安定感、といったことでしょうね。

だからバランスの良いディスプレイは技術的に優れているとも言えるでしょう。

人間の行動におけるバランス

人間の行動でもバランスがあります。

例えばこういうこと。

『海ばかり見ていると、人に会いたくなる。人ばかり見ていると海が恋しくなる』

一人でぼんやり海を見ていると心が解放されて落ち着きます。

でもずっと続けているとちょっと寂しくなる。

たくさんの人と忙しく関わっていると寂しくはない。

でもそれが続くと一人で海にでも出かけたくなる。

どちらかの行動偏り過ぎると、もう一方の行動がとりたくなるように心のバランスが働くのでしょうね。

それってごく自然なことかもしれません。

もちろん人によって、どちらかに偏重されていることとは思いますが、きっと0対100ではないと思う。

あらかじめ行動計画に盛り込んでおく

行動計画を立てる際にもあらかじめこれを盛り込むのが良いかもしれません。

仕事ばかりだと息がつまるし、ずっと遊んでいてばかりいても楽しくない。

だから一週間のうちでの行動計画、一日のうちでの行動計画でもあらかじめバランスを取っておくと良いかもしれません。

究極の姿とは『公私混同』?

そして究極に目指したいことは、『遊びのような仕事をしよう!』ということ。

これはなかなか簡単にできることではありません。

しかし、不可能ではない。

現にボクの周りには何人かいます。

サッカー馬鹿でサッカージャーナリストまでやっている美容室のオーナー。

→勝村大輔さんのブログ。

小さな頃から大河ドラマが大好きで、そこでの気づきを経営者に指南している税理士さん。

→山本やすぞうさんのブログ

人を楽しませることが大好きで、テレビやラジオで大活躍のアパレルメーカーの社長さん。

→奥ノ谷圭祐さんのブログ

みんなに共通して言えること。

それは良い意味で“公私混同”していること。

仕事と遊びの境を明確にしていない。

なぜならば、大好きなことを仕事にしているから。

そして、『遊びのような仕事』をしていると圧倒的な存在になれる。

それは、大好きなことだからたっぷり時間をかけられる、という理由です。

この境地まで来るとあんまりバランスを考えなくても良さそうですね!

 

・・・・・そういうことです。

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

Comment

  1. あおきゆき より:

    藤井様

    カッコイイ生き方ですね^ ^

    好きをとことん突き詰めたら仕事にもできて、周りの人にも良い影響を与えられるのですね!
    うーん、私には遠いですが、一歩一歩近づきたいです。

    ありがとうございます!

    青木由紀

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

  • 更新情報をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑