表現を繰り返してみせましょう!

公開日: PP, VMD, スタイリング

VMDコンサルタントの藤井雅範です。

『一つのパターンを繰り返し表現することで伝わりやすくなる』

 

ファッションの店頭は常に変化しているように見えます。

一点の商品が変わるだけでなく、ディスプレイでコーディネートしている相手も変わる。

コーディネートのアクセサリーの使い方も変化します。

それは、変化させる、新鮮に見せることで店の前を通られるお客様に新しいファッションやトレンド、着こなし方を伝えてお店に足を運んでもらう為。

例えば、今日見かけたこのお店。

メンズのスタイリングにネックレスが・・・

ユナイテッドアローズの店頭。メンズのスタイリングに白いネックレス

ユナイテッドアローズの店頭。メンズのスタイリングに白いネックレス

さらに奥のスタイリングにもネックレスが繰り返されている

さらに奥のスタイリングにもネックレスが繰り返されている

メンズコーナーのファサード。

白✖️ネイビーの爽やかなマリンっぽいコーディネート。

白いネックレスが新鮮でインパクトがある。

そしてトレンドのクラッチバッグを持っている。

その柄はちょっとエスニック。

そんなミックス・スタイルです。

そのスタイリングに惹かれて奥へと足を進める。

今度は、インディゴ染めやデニムを用いたコーナー。

ここでもネックレスをコーディネート。

今度はネイティブ系のネックレスです。

二体のトルソーだけでなく、ハンギングされているTシャツまでネックレスが。

さらに奥のコーナーのトルソーやテーブルに寝かせてあるディスプレイもネックレスが使われてありました。

ここまで徹底するとインパクトがある。

思わずお店のスタッフにネックレスのことを聞いてしまいました。

『ネイティブ系のものはもともとメンズでは強いですが、今年は白いものやロープ状のものもでています』

ということ・・・

繰り返されることで印象に残る

もしも、ネックレスを使っているのが表の一体だけならば、ボクは特に感じなかったと思います。

その奥も、さらにその奥も、コーディネトのテイストやゾーニングは変われども、“ネックレス”というキーワードは連続させる。

だからとってもインパクトを感じる。

印象に残る。

自然とお客様との会話にもつながるということですね。

すんなり接客に入ることができる。

そのときにお買い上げにならなくても、印象に残っていれば再来店も期待できる。

 

一つのパターンをリピートして繰り返し表現してみると購買のきっかけを作りやすい・・・・・

 

そういうことです。

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

Comment

  1. あおきゆき より:

    藤井様

    アローズさんがこれだけネックレスを打ち出していたら、例えTシャツだけを見に来られたお客様でも、ネックレスもいいな!欲しいな!となりますね!

    、、、今は男性でも、クラッチバッグを使うのですね、、、
    リサーチ不足でした(ーー;)

    ありがとうございます!

    青木由紀

  2. […] のアクセサリーの使い方も変化します。 それは、変化させる、新鮮に見せることで店の前を通られるお客様に新しいファッションやトレンド、着こなし方を伝えてお店…[続きを読む] […]

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

  • 更新情報をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑