アンケート結果を読み解くと自分がどんなことで貢献できているのか、見えてくる。

公開日: VMD, セミナー


VMDコンサルタントの藤井雅範です。

 

『VMDがわかりやすく伝わってきました』

『すぐに実行したくなりました』

『今まで考えていたVMDのイメージを覆されました』

『ときめいた、感動した、我が意を得ました』

_MG_5363

 

4/1に東京ビッグサイトで行われた《ファッションワールド東京》におけるボクのVMDセミナーのアンケート結果が届きました。

受講された方392名。

アンケート解答率63.0%。

有効回答数246。

アンケート結果を拝見して

講師・講演内容についての評価

大変満足36.8%

満足43.3%

普通15.6%

不満3.0%

大変不満1.3%

ということでした。

とても良い評価がいただけて、嬉しく思います。

4種類の感想

さてそのアンケート内容、大きく分けると冒頭の4種類に分別できました。

①『VMDがわかりやすく伝わってきました』

実際の写真を用いてBefore,Afterで説明してくださったので、わかりやすかったです。

わかりやすいです。難しい言葉でごまかされていなく、とても良かったです。

VMDによってお客様の行動を変えることができるとわかったことが満足です。

②『すぐに実行したくなりました』

とてもわかりやすく、耳にすんなり届きました。明日から実行に移します!

わかりやすく明確でした。明日から仕事に生かしてみたい。

改めてVMDの大切さを知ることができました。今日のことをまずやってみます!

③『今まで考えていたVMDのイメージを覆されました』

VMDもコミュニケーションであること、人の温もりが必要なことが伝わって、とても参考になった。

VMD担当をしているので、その魅力をスタッフに伝えるのに有効だと思った。楽しさが伝わってきたから。

VMDを20年していたが新しい気づきがあり、とても良かった。

④『ときめいた、感動した、我が意を得ました』

何度かVMD研修は受けたことがありますが、1番ときめきました。ありがとうございます。

例をまじえてわかりやすい説明でした。金沢の話は感動しました。

涙が出た。我が意を得たりの点がいくつかあった中、お客様に感謝されたこと、このハードワークが人を幸せにするわが生業の素晴らしさに今更ながらに気づかせてくれたこと、技術的な面では久しぶりに気づかせてもらえた「お客様の動線に合わせてレイアウトする」ということ。話しぶりも「えー」「あのー」がなく、とても優れていました。

 

このようにとても嬉しいコメントをいただきました。

ご来場いただいた皆さん、コメントをいただいた皆さんにこの場を借りて感謝を申しあげます。

ありがとうございました。

伝わることの大切さ

結果報告書を拝見させていくことは、ボク自身、自らのことを考えさせていただく良い機会となりました。

『自分の仕事が誰かのためになっているのだろうか?』

『自分の仕事で誰かが笑顔になってくれているんだろうか?』

そんなことです。

ボクの仕事はアパレルや雑貨のメーカーさんに対して行うVMDのコンサルティングになります。

しかしその他の企業の社内研修やセミナーや学校の講師も行っています。

VMDというものは“お客様に商品やお店の価値を高く伝えること”であります。

ボクはそのスペシャリストであるとともに“商品やお店の価値を高く伝えてお客様に笑顔になっていただくという、ファションビジネスの素晴らしさを伝えること”これを同時に行っていくことなのかな、と思いました。

“VMDを伝播する仕事”とでも言えば良いのでしょうか?・・・

これからも、アパレルメーカーや専門店の皆さん、およびそれらをクライアントに持つマネキン会社の皆さんや設計施工会社の皆さん、印刷や広告代理店の皆さん、そしてファッションを学ぶ学生の皆さんに『伝わることの大切さを伝えること』これを行なっていきたいと思います。

だからもっと勉強しますね!

 

・・・・・そういうことです。

 

 

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

Comment

  1. 藤井 雅範 より:

    あおきさん、嬉しいコメントありがとうございます!

    ボクたちの仕事はお客様に役立つ仕事です。
    これからも価値が伝わる工夫をして、お客様を笑顔にしましょうね!

  2. あおきゆき より:

    藤井様

    私も感激して涙が出た中の1人です^ ^
    それまではVMDは難しい事のように思えて苦手意識がありましたが、それも含めて改めて、アパレルの仕事を頑張りたい!と思えました。
    ありがとうございました。

    藤井様がこれからも勉強するなんて、、、!素晴らし過ぎます 笑

    ついていきます!笑

    いつもありがとうございます!

    青木由紀

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

  • 更新情報をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑