伝わりやすい『ボリューム感』とは?

公開日: IP, VMD, 雑貨

VMDコンサルタントの藤井雅範です。

良い『ボリューム感』悪い『ボリューム感』

ボリューム感のあるお酒売場

ボリューム感のあるお酒売場

お店の商品量による魅力を語るときによく使われる言葉に『ボリューム感』というモノがあります。

『ボリューム感があって良いね〜』

『ボリューム満点で迫力あるね〜』

といった使われ方をします。

かたや

『ボリュームあり過ぎだね』

『ボリュームが多すぎて選べないね』

といった使われ方も。

この違いは何でしょうね。

『伝わるか』『伝わらないか』

一般的にこの『ボリューム感』があった方が良いとされているものはどんなものでしょうか?

ファッションの分野ではカジュアルな衣料。

アクセサリーやバッグなら気軽に買える価格帯のもの(高級ジュエリーやスーパーブランド品はあてはまりませんよね)

その中でも『良いボリューム感』と『良くないボリューム感』がある。

その違いは、お客様に『伝わるか伝わらないか?』なんです。

 

言いたいことが明確でボリューム感を出すと伝わる。

アレもコレもドレもソレもと欲張ると伝わりにくい。

例えばこういうこと。

お洋服

カジュアルなチャックのシャツばかりを集めて畳んで積み上げてボリュム感を出すのは伝わりやすい。

コットンのチェックのシャツもシルクのフリル付きのブラウスもドット柄ののプリントのブラウスも同じように畳んで積み上げてボリューム感を出しても伝わりにくい。

アクセサリー

マリンテイストの服飾雑貨売場

マリンテイストの服飾雑貨売場

マリンをテーマに、ネイビー×ホワイトの配色で、ヘアーアクセサリー、ネックレス、バッグを集めてボリュームを出せば伝わりやすい。

ベッコウ風のバンスクリップもキャンディ柄のバナナクリップもボーダー柄のカチューシャもカモフラージュ柄のシュシュもパールのネックレスもシャネル風のキルティングのチェーンバッグも一箇所に盛り上げてボリューム感を出しても伝わりにくい。

まとめ

良いボリューム感→伝わりやすい→売れる

悪いボリューム感→伝わりにくい→売れない

同じ『ボリューム感』でも伝わりやすいのか?伝わりにくいのか?

これで売れ方が違ってくる。

 

・・・・・そういうことです。

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

Comment

  1. あおきゆき より:

    藤井様

    お客様の選択肢が増えていいかな、、、!と、たくさんの商品をディスプレイしても、実はグチャグチャにしか見えなくて、逆効果になりうる事もあるのですね。
    何かポイントを一つ決めてボリューム感を出す事ができれば、インパクトになり、お客様にも楽しい気持ちで選んでいただけるということですね!

    やってみます。

    ありがとうございます!

    青木由紀

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

  • 更新情報をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑