昨日は返還記念日。沖縄のストアに思うこと・・・

公開日: VMD , ,


VMDコンサルタントの藤井雅範です。

昨日5月15日は何の日だかご存知ですか?

沖縄の返還記念日なんです。

1972年のこの日に沖縄に返還されました。

それまでは施政権はアメリカにあったんですね。

1975年の沖縄海洋博

ボクが最初に訪れたのはそれから三年後の1975年。

沖縄海洋博覧会を見るのが主な目的。

当時、まだ中学一年生だったボクはとても興奮しました。

見るもの見るものに・・・

飛行機に乗るのも初めて。

外資系のホテルに泊まるのも初めて。

(丘の上にあったヒルトンホテルに泊まりました)

もちろん沖縄に来るのも初めての経験。

 

当時の沖縄の街。

車はまだ右側通行。

街を歩けば英語のサイン(看板)ばかり。

闊歩する沢山の米兵・・・

もちろん海洋博そのものも、とても内容の濃いものだったはずですが、それ以外のものにとっても興奮しました。

ひめゆりの塔にも行きました。

実際のその場所や展示を見学した内容もショッキングでしたが、それ以外のことで心を打たれた。

それは、沖縄のバスガイドさんが車内で語った戦争当時のお話。

そのストーリーを、流れる涙を拭うこともせずに、話してくた。

とても印象的だったなぁ・・・

それって本当に必要なの?

それから40年。

おそらくボクは40回ほど沖縄に来ていると思う。

沖縄が大好きなんです。

ファーストアイドルは南沙織(沖縄出身)だったし・・・(笑)

そしていまだに来るたびにワクワクドキドキします。

一見は昔ほど、内地との差は無くなりました。

しかし現実には基地があることで様々な問題を抱えているコトも事実。

これには良い面悪い面両方存在しますね。

それ以外では一見、内地と似てきている。

ボクはこれが実は寂しく感じます。

コンビニエンスストア、東京系のラーメン屋、全国展開のショッピングセンター、大型のチェーンストア、こんなものがスゴく増えた。

これって本当に沖縄に必要なの?

別に沖縄に作らなくてもいいんじゃない?

こんな風に思ってしまいます。

でも実際に沖縄に住んでる人には、とても便利で利用されていて大きなお世話と思われるかもしれませんね(笑)

ボクが好きな沖縄のスポット

A&W

ボクが沖縄に来てとっても安心するスポットはこんなところだったりします。

「浦添のエンダー(A&W)」(ドライブスルーがとっても良い感じ)

「ブルーシールアイスクリーム」

「コザのゲート通り(空港通り)」

「宜野湾の家具屋さん通り」

こんな雰囲気を感じるといまだにワクワクドキドキしてしまいます。

もう40回も訪れているのになぁ。

 

・・・・・そういうことです。

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

Comment

  1. あおきゆき より:

    藤井様

    いつか沖縄に行く機会があったら、藤井様のおすすめスポットに行ってみたいと思います!
    南沙織さん調べてみよー!笑

    ありがとうございます。

    青木由紀

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

  • 更新情報をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑