人気の雑貨屋さん!その鮮度を維持するには?

公開日: VMD, VP, ライフスタイル ,


VMDコンサルタントの藤井雅範です。

プチプライスの雑貨屋さん、人気ですね!

オープン時には長蛇の行列で話題になったりしました。

雑貨屋さんでの購買行動

さて、こういった雑貨屋さんでは、お客様はどのようにお買い物されるのでしょう?

カテゴリーは主に、ステーショナリー、キッチンまわり品、アクセサリー関連、ポーチや小さなバッグ類、傘やカッパ、おもちゃ、スポーツ用品、PCやスマホグッズ、インテリアやアロマグッズ・・・こんなところでしょうか?

定番的なものはリピーターがついて、買い足し需要がある様です。

アイテムでいうと、楽しい柄のペーパーナプキン、マスキングテープなどがそれに当たります。

こういったものに関しては、目的買いで来店される方もいらっしゃるでしょう。

しかし、それ以外のお客様は特別な目的があってこられる方はほとんどいない。

『なんとなく面白そう!』『なんかないかな?』『ねぇ、ちょっとのぞいてみない?』

こんな感じでお店を訪れます。

こう考えると、いつも発見や驚きのある品揃えが大切に思えますよね。

それがないと、オープン時の行列をピークに入店客数は徐々に減少していくかもしれません。

新鮮さを維持する為に

でも、お店の商品をしょっちゅう全て入れ替えることは非常に難しい。

さらにモノが小さいだけに、品数が多い、在庫も多数、よって仕入れも大変、新しいものが入荷されてもあまり変わった感じを与えにくい・・・

さてどうすれば・・・

 

テーマでくくった売場を作る

従来、大分類でカテゴリー分け、中分類で種類分け、小分類で品番分け・・・

という風にレイアウトされていた商品分類。

それをあるテーマで分けてみる。

色や柄といった見た目でも良いし、梅雨やクールサマーといったシーズンテーマでも良い。

その時の品揃えとタイムリーな季節感を考慮して設定してみる

 

VPを作る

上のテーマをわかり易く、ショーウインドウや店内の見せ場で表現。

伝えたいことを絞り込んで表現することと、ちょっとしたウイットがあると伝わりやすいですね。

また、何点かの商品をピックアップして『リコメンドPOP』を設置したコーナーをVP(見せ場)として作るのも良いです。

リコメンド(オススメ)理由の書き方に注意。

スペック(性能)の売り込み文章よりは、実際の使用感を書いた方が共感されます。

こんなコーナーがあれば、セレクト感も伝えることが出来ますね。

asoko原宿店のショーウインドウ。 カモフラテーマでアウトドアグッズを集めて表現。

asoko原宿店のショーウインドウ。
カモフラージュ柄をテーマにアウトドアグッズを集めて表現。

ゴールデンウイークにキャンプに行くこの人は、大のSNS好き。 寝袋の中でもスマホを手放せない。 あれ?よく見るとこのスマホは???(笑)

ゴールデンウイークにキャンプに行くこの人は、大のSNS好き。
寝袋の中でもスマホを手放せない。
あれ?よく見るとこのスマホは???(笑)

こんな工夫を加えていくことで、プチプライスな雑貨屋さんはさらに楽しく、お客様に支持されるお店であり続けるんだろうな。

 

・・・・・そういうことです。

 

 

 

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

  • 更新情報をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑