見た目(ヴィジュアル)だけではダメ!! 伝わるVMDとは?

公開日: VMD, VMD用語, マーケティング ,

VMDコンサルタントの藤井雅範です。

 

VMDとは、単に見た目(ヴィジュアル)だけに訴えるものではありません。

お客様にあなたのお店やブランドの価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”をいいます。

商品の価値を、より高く伝わるように“体感してもらう”ことなんです。

見た目、ヴィジュアル、視覚だけではないのです。

お客様が購買を決定するまで

なぜなら、お客様が購買を決定するのは、視覚による影響だけではないから・・・

そのお店でどんな音楽が流れているのか?(聴覚)

そのお店でどんな香りを嗅いだのか?(嗅覚)

何らかの試食は出来たのか?(味覚)

商品の素材感はどうだったのか?(触覚)

こんな風に五感を刺激されることで、いつの間にかそのモノが欲しくなり買ってしまう、ということ。

 

もちろん、視覚は一番大切。

しかしそれだけでは不十分。

五感で訴えて、商品の価値が高く伝わるように体感していただきましょう。

『触覚』で価値を伝えよう!

例えば『触覚』

カシミヤのニットなら、そのヌメッとした手触りが魅力です。

この手触りを経験するのとしないのとでは、価値の伝わり方は違います。

Tシャツなどもそうです。

よくある“パックTシャツ”などは、サンプルを袋から出して、触れるようにしてあげましょう。

レザー製品もそう。

見た目だけでなく、その手触りで革の質が伝わったりします。

たとえ合皮であっても同じ。

デニムもそうですね。

リジッド(洗いをかけていない、糊がついたままのもの)のハードな感触を好む方もいれば、徹底的に洗い込んだソフトな感触を好む方もいる。

やはり触ることで、その価値は伝わりますね。

コートなんかもそうです。

ウールの素材感はもとより、その重さを感じることも大切。

しっかりした重さでより質感をだしたり、逆に意外に軽いことで機能性を感じたり。

素材感を触っていただくことで、ニットの価値が伝わる

素材感を触っていただくことで、ニットの価値が伝わる

 

もしも、『触覚』で訴求出来なければどうなるでしょう?

全ての商品が触れない。

ショーケースに入って、キレイにディスプレイされて、照明もきちんとあてられている。

見た目は美しい。

でも触れない。

素材感、暖かみ、柔らかさ、ツヤ感、重さ、ぬめり・・・

これが伝わってこない。

どうですか?

これでは同じ商品でも、購買される確率は大きく変わって来ますよね。

触りやすくしてあげましょう

だから触りやすくしてあげること。

展示、陳列されている場所で触りやすい工夫をしましょう。

畳み方、ハンガーの掛け方、POP表示などで触っていただきやすいように誘導しましょう。

こんな風に『触覚』を活用していただくと商品の価値がより伝わります。

購買される確率が高くなる。

同じように『聴覚』『嗅覚』『味覚』での工夫も有効です。

『視覚』を代表とする五感に訴える。

こうすることでより商品の価値が高く伝わるんです。

だからVMDとは見た目(ヴィジュアル)だけに訴えるものではない。

 

・・・・・そういうことです。

 

 

 

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

Comment

  1. 藤井 雅範 より:

    あおきさん、コメントありがとうございます!
    お客様は、五感を使ってお買い物をし、購買を決定しています。
    触っていただき、着ていただけるようコミュニケーションを取ることはとっても大切ですね!

  2. あおきゆき より:

    藤井様

    五感って、雰囲気のようなものだと考えておりましたが、笑 お客様に実際に感じていただく事が大切なのですね。
    お店の香りは、ほとんど意識した事がなかったので、今日改めて体験してみます!笑
    商品の手触りは、得意分野なのでは?
    と思います。お客様に触っていただき、着ていただけるようコミュニケーションをとっていきたいです。

    ありがとうございます!

    青木由紀

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

  • 更新情報をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑