『ファッション業界に必要なイノヴェーションとは?』


VMDコンサルタントの藤井雅範です。

 

本日4月3日まで、東京ビッグサイトで開催されている『ファッションワールド東京』

連日沢山のファッション関係の皆さんが来場されています。

ボクのクライアントさんはじめ、会場では顔見知りの方を沢山見かけました。

ボクも一昨日セミナーをさせていただきましたよ↓

『ファッションワールド東京』VMDセミナーを終えて改めて感じたこと。お客様にもっとお買い物を楽しんでいただく為には・・・

『ファッション業界に必要なイノヴェーションとは?』

伊勢丹

そして昨日は、三越伊勢丹の大西社長の講演を拝聴しました。

『ファッション業界に必要なイノヴェーションとは?』

というタイトル。

イノヴェーション=物事の「新結合」「新機軸」「新しい切り口」ということですね。

大西社長のお話で印象的だったこと。

Economic Value(経済的貢献)だけでなくSocial Value(社会的貢献)も重要

また、今後注目される消費価値としては

・安心安全の価値→ 本物・・・

・正統性・歴史的価値→ 伝統的・・・

・自然との共生価値→ 環境、自然・・・

・日本固有の価値→ 精神性おもてなし・・・

・情緒的・独創的な価値→ 芸術性・・・

そういったことに注目されている様です。

前々回の『ファッションワールド東京』でも大西社長のお話を拝聴しました↓

『ファッションワールド東京2014 基調講演』

その内容を引き続き発展させていらっしゃるご様子。

 前回にも触れられた、地方再生に言及される内容が今回もありました。

地方に潜む価値としてある産地、職人、素材。それとクリエイター、デザイナーを掛け合わせる。そうすることで、地方再生につなげていけるのでは?というお話。

日本を代表するラグジュアリーブランドの誕生? 

そして、日本を代表するラグジュアリーブランドができないか?というお話。

これも日本の伝統、技術、精神性、地域の特性、そういったものの総合力で生み出されれば、ということ。

うん、共感出来ます。

とっても楽しみですね。

まとめ 

不毛な安売り競争から脱却し、日本の良さ、さらには地方の良さを見直し活かす。

消費者に感性という価値を提供する。

それがファッションビジネスに必要なイノヴェーション。

とっても的を得た、前回から引き続き一貫性のあるお話でした。

 

・・・・・そういうことです。

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

Comment

  1. あおきゆき より:

    藤井様

    私はショッピングモールの中のフェアトレードの専門店で働いております。
    国産ではないのですが、生産国の伝統技術や手仕事を活かしたものや、働く人や環境に配慮した商品がお店に並んでおります。
    周りの店舗より価格帯が高めですが、その差額を価値としてお客様にお伝えしていきたいです。

    商品の背景にはご興味のない方ももちろん来店されますが、お店に入って試着したくなるようなVMDと会話で、お店を作っていけたらと思います。

    近々、伊勢丹にも行ってみます!
    今回もありがとうございました。

    青木由紀

    • 藤井 雅範 より:

      あおきさん、コメントありがとうございます
      おっしゃるように、生産国の伝統技術、人や環境に配慮した商品、価格は高くともその価値は伝えることが出来ますよね!
      素敵なお店作りをしてみてくださいね!

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

PAGE TOP ↑