あなたのお店のUSPは何ですか?

公開日: VMD, マーケティング, 顧客

VMDコンサルタントの藤井雅範です。

 

セミナーなどで、長い時間お話しさせてもらった後は、少し声がかすれたりします。

昔、仲良くしてもらってた先輩に『緑茶でうがいするのがのどに良い』って聞いたことがあります。

だからホテルの部屋のティーバッッグの緑茶でうがいをしました。

緑茶でうがい、これって正しいのかなあ?

まぁ、信じておくことにします(笑)

 USPとは?

USPってご存知ですか?

USP=『ユニーク・セリング・プロポジション』

自分の会社や、自分の商品が持つ独特の価値。お客様に選んでもらえるユニークな、他社との違いを主張出来る強み、のこと。

このUSP。

ファッションのお店でも大切ですよね。

今はとっても沢山のお店があります。

バリューがあって良い品質の商品がおいてあるお店、これもほぼ標準装備。

だから、お客様も選ぶのに困ってしまいますよね。

 

お客様は、沢山の似た様な商品がおいてあるお店を前にして、どのお店でお買い物してもかまわない。あるいはどのお店でもお買い物をしない、という選択肢がありながら、どうしてあなたのお店でお買い物をしないといけないのか???

『その理由』について考えてみましょう。

その答えがあなたのお店のUSPなんです。

自分のお店が持っている価値に気がついていますか? 

以外と自分のお店の価値に気がついていないことが多いんです。

自分の持つ価値が明確になっていないから、当然お客様には伝わらない。

お客様にお店の価値が伝わらないと、売れませんよね・・・

 

あなたのお店には、もう既に何らかのUSPがあるはずです。

まずそれを確認する。

各自で書き出す。

みんなで確認する。

そこで見えて来たUSP。

そのUSPを販売促進やVMDに活用するんです。

お客様にあなたのお店の価値が伝わるように。

写真はイメージです!

写真はイメージです!

 まとめ

もしUSPが見えてこないのならば、目指したい姿、これを思い浮かべてUSPを考えることもOKですよ。

『他社にはない自分の会社、自分のお店が持つ独特の価値』です。

他社と較べたり、真似をするのではありません。

あなたのお店が持つ、独自の価値です。

『差別化ではなく独自化』

このUSPを明確にして接客・応対・販促・VMDを企画しましょう!

 

・・・・・そういうことです。

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

Comment

  1. あおきゆき より:

    藤井様

    昨日はお忙しい中にご返信を頂きまして、ありがとうございました。

    USPという言葉は初めてでした。
    そして、私も考えてみました。

    今まで頭の中でぐるぐるしていたものが整理され、お客様にお伝えできるポイントが沢山ある事に改めて気付けました。
    書き出したものを更に掘り下げてみたいと思います。

    失礼な言葉を使わないか等を考えたり、接客中に100%集中できない事もあるのですが、自分が楽しんで接客できるよう、改めてショップの魅力を考えてみます。

    藤井様のブログを拝見すると、素敵な販売員に近付ける気がします。 笑
    ありがとうございます。

    • 藤井 雅範 より:

      あおきさん、コメントありがとうございます。
      あおきさんのおっしゃる通り、自分が楽しんで接客出来るようにショップの魅力を考えてみる。
      そこで見えて来たもの、それが伝わる接客・応対・販促・VMD。
      是非それを企画していってくださいね!

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

  • 更新情報をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑