マネキン、ポスター、チラシ、フェイスブック、どれにも使える『視線のテクニック』


VMDコンサルタントの藤井雅範です。

昨日の記事で『マネキンの視線に注目しよう』という内容を書きました↓

『お客様を誘導するテクニック・・・』

お客様はマネキンをみたとき、そのスタイリングに注目したあと、視線がどう動くか?実は、そのマネキンの視線を追う場合が多い。だから、お客様に進んで欲しい先にマネキンの視線を向ける、というのもひとつのテクニック・・・。

そういった内容でした。

ポスターやチラシにも有効な『視線のテクニック』

写真はイメージです

写真はイメージです

昨日の話は店舗と言う空間でのお話。

実はこのテクニックは二次元上でも有効。

つまり、紙や映像といった媒体でも使えるんですね。

例えば、ポスターやチラシを作る場合。

顔をアップしたモデルの表情その視線の先に見せたいもの(商品など)を配置する、といったことです。

そんな構成なら、みている人が自然と見せたいものに目を向けてくれる、というわけです。

商品以外でもキャッチコピーや電話番号やURLを配置しても良いかもしれません。

フェイスブックの顔写真も視線に注意?

さらにはSNS上でも効果があります。

それは顔写真。

フェイスブックなら、投稿の画面の左上に顔写真があります。

顔、または視線を向かって右に向ける(投稿した文面の方へ向ける)ということです。

顔、または視線が内側に向いている方が、記事が読まれやすくなる、ということ。

視線はカメラ目線で、顔が内側に向いていてもOK。

逆に顔は正面でも視線が内側でも良いです。

記事が読まれやすくなるだけではなく、親しみも感じやすい。

意図を持つことが大切

ただし、外側を向けてはいけないということではありません。

顔を外側に向ける、または視線を外側に向けるのも意図を持って行なうと効果があります。

やや視線を外の方に向けると、奥ゆかしさや、はにかみ屋さん、と言った特徴を伝えることが出来る。

ややうつむき加減だと、アンニュイでものうげなムードを表現させることも可能です。

 

どういう風に見られたいか?

こういった意図を持って顔写真の向きと視線を考えてみましょう。

 

・・・・・そういうことです。

 

 

セミナー情報はこちら↓

VMDはファッション業界だけのものではないのです!|VMDセミナーin北海道

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

  • 更新情報をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑