『商品の魅力』を高くみせる鍵は店舗環境にあった!

公開日: VMD

VMDコンサルタントの藤井雅範です。

Nespressoはどんな改良をおこなったのか?

Nespressoブティック

Nespressoってご存知ですよね。

ネスレ社が発売しているエスプレッソマシンやコーヒーメーカーのブランド。

そのNespressoが行なった調査によると、店舗の環境がエスプレッソを飲む時の感覚的経験の60%を左右している、ということがわかったそうです。

つまり、味そのものは同じでも店舗環境(どのような場所、シーンで飲むか?)によっておいしさを感じる度合いが60%も違う、ということ・・・

良い豆を挽きたてで淹れたのに、家で飲むコーヒーはカフェで飲む味にかなわない理由もココにあるのかもしれません。

その結果、Nespressoが行なったこと。

それは商品である家庭用のエクプレッソマシーンから、もっと香りが漏れ立つように改良したのだそうです。

カフェ特有のコーヒーの香りに満たされている店舗環境は、家で飲むコーヒーよりも圧倒的においしさを感じるのには有利なんでしょうね。

ZARAにみる、ファッションの価値の高め方

zara

ファッションのお店でも同じことが言えるのではないでしょうか?

商品そのものは同じでも店舗環境によって感じる魅力は大きく違う。

例えばZARA。

ショーウインドウはまるでスーパーブランドのように演出されています。

まるで劇場の様な雰囲気のライティング。

使っているマネキンもスーパーブランドで使用されているのと同じシリーズ。

なのでとっても商品が良く見える。

プライスのプレートを見てビックリするくらい。

『えっこんなに安かったんだ。とっても高質に見えるのに・・・』

あっそうそう、マネキンってモノによってお洋服を魅せる力が断然違うんですよ。やはり良いマネキンは圧倒的に商品を良く魅せます!最近は模倣品をいい加減な規格で作ったものも出回っています。このようなマネキンを安易に使うと、お洋服の価値が下がってしまう危険が・・・

まとめ

『モノが良ければ売れる』、まだそんな風に思い込んでいませんか?

店舗環境を見直すことです。

お客様に商品の価値をどれだけ高く魅せられるのか?

お客様が感じる魅力、それを高く伝える工夫や改良。

ファッションのお店もすぐに取り組むべきでしょう。

 

・・・・・そういうことです。

 

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

Comment

  1. 高桑将人 より:

    藤井さん
    ご無沙汰しております。

    まさに同感ですね!!人・モノ・器の軸となるのがVMDですね。
    ところで、セミナー、実施されるのですね。大活躍!時間がとれれば、拝聴しに伺います。
    がんばってください!
    takakuwa

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

  • 更新情報をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑