売上は自ら作り出すことが出来る・・・

VMDコンサルタントの藤井雅範です。

今年の中国の春節(旧正月)は2月18日〜25日までだそうです。

しかし実際にはもっと長くお休みを撮る場合が多いようです。

まだまだたくさんの方が、春節を利用して来日されている様子。

街を歩いていても、乗り物にもっても、ホテルに入っても良く見かけます。

ショッピングモールは海外からの観光客でいっぱい!

写真はイメージです

写真はイメージです

今日はお台場のショッピングモールに仕事で行っていました。

そこでも中国の方がたくさんいらっしゃいます。

だから、中国語のプライス表示が合ったりします。

また、中国語が話せるスタッフをおいているお店も多いですね。

今の季節はとっても重宝されることでしょう。

オペレーションがスムーズになります。

 

特に今の時期は中国からの観光客の方が多いですが、この来店客数がずっと続くわけではありません。

春節や旅行のシーズンが過ぎれば、中国からの観光客の方の来店は減るでしょう。

だから売上が安定的にとれるわけではない、ということ。

自分の都合や努力ではなく、売上は周辺環境次第になってしまう、ということ。

自分で売上をコントロールする為には?

おそらく、海外から観光でいらっしゃる方は、よほどのことがなければリピーターにはなってくれません。

単純に、距離が遠いから。

海外のお客様には、来店を訴求する術も限定されますよね。

今からの時代、やはりリピーター・顧客になっていただくお店を目指したいものです。

あなたのお店を知ってもらい、好きになってもらい、お買い物を楽しんでもらい、また来たいと言っていただけるお客様を作ることです。

そういったお客様と店頭で、お手紙で、ソーシャルメディアでコミュニケーションをとっていく。

あなたのお店を忘れられないように、思い出してもらえるように。

そういった関係性を作っておくと、周辺環境に左右されずにある程度の売上を作ることが出来る。

発信することで来店につなげることが出来る!

もちろん海外からのお客様の売上は大切です。

ただそれはプラスα程度に考えておきましょう。

顧客様と強い関係性が出来たら、売上は自ら作り出すことが出来る。

新しい商品入荷のお知らせでも良いし、以前買っていただいた商品に合わせるアクセサリーをお奨めしても良い。

御自身がモデルとなって商品を着用して、“ブログ”や“wear”や“instagram”に発信するのも良いでしょう。

関係性が強い場合は、“あなたに会いたい”だけでも喜んできてくださるかもしれません。

そういったコミュニケーションをお手紙やソーシャルメディアで発信しましょう。

そうすることで反応が出てきます。

来店なり、問い合わせなり、ソーシャルメディア上でのコメントなり・・・

それが売上への一歩、ですのもね。

自分でコントロール出来ない売上を期待するのではなく、自分で発信して売上を作っていく。

 

・・・・・そういうことです。

 

 

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

  • 更新情報をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑