情けない、ブルージーなクリスマス・・・

VMDコンサルタントの藤井雅範です。

 

黒人が歌っていると思うんじゃないかな?きっと・・・

ドン・ヘンリーのことを知らない人が聴いたら。

ボクのお気に入りのクリスマス・ソング↓

The Eagles Please Come Home for Christmas

 ブルージーなクリスマス・ソング

再結成時のイーグルス

再結成時のイーグルス

今日はクリスマス・イブ。

街を歩いても、ラジオをつけても、いろんなクリスマス・ソングが耳に入ってきます。

これはドン・ヘンリーの渋い声がシャウトするブルーなそしてブールージーな曲。

邦題はなんと「ふたりだけのクリスマス」!

でも歌詞はそんなロマンティックじゃない(笑)

きっと何かの間違いだね。

この邦題(笑)

本当は、恋人に去られてひとりぼっち。

そんなさびしい、情けない男の歌。

こんな歌詞です。

 

恋人は去ってしまったし

俺には友達もいない

ああどうかクリスマスまでには帰ってきておくれ

ああどうかクリスマスまでには帰ってきておくれ

若しクリスマスじゃなかったら、せめて新年のよるまでには

お願いだ、帰ってきておくれ

おれはもういちど幸せになりたいんだ

嘆きも痛みももう要らない

もう一度幸せなクリスマスを過ごしたいんだ

・・・・・

という内容。

日本のブルースシンガー?左とん平

めちゃめちゃ情けない、憂鬱、ブルー、ブルージー・・・

直訳して日本語でうたったら売れないだろうな、きっと・・・

でもこの情けない歌詞、ブルージーな歌詞は、日本では左とん平が歌うとウケルかも?きっと(笑)

左とん平 ヘイ・ユウ・ブルース(現在閲覧不可になっています)

 イーグルス・マジック

今日もドン・ヘンリーは歌っている。

Please come home for christmas、Please come home for christmas・・・

(ああどうかクリスマスまでには帰ってきておくれ)

ハスキーでブルージーなその声で。

なんだか情けない歌詞だけど

ドンが歌うと、クリスマス・ムードを盛り上げる。

イーグルスのマジックですね。

メリー・クリスマス!

あなたへ、そしてあの頃へ。

・・・・・そういう事です。

 

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

  • 更新情報をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑