過去は、後悔したり腹を立てる為にあるのではない!

公開日: VMD , ,

VMDコンサルタントの藤井雅範です。

 

明け方、ふと目を覚ましぼんやりしている時、色んな事を思い出すときがある。

良い思い出、楽しい思い出の時はそのまま思いめぐらしていれば良い。

「あぁ、あの時楽しかった。良かった。またあんな事したいな。あそこに行って見たいな」って。

でもたまに、なんだか嫌だった事、悪い思い出を思い出す事もあります。

嫌な過去を思い出してしまったら

「わぁ、あの時こうしていれば良かったな」

って悔やんだり

「えーっなんであんなひどい事されたんだろう」

って腹をたてたり

でもね、そんな時はこう考えるようにしている。

「あの出来事は何かのメッセージ。自分に何かを教えてくれたんだ」

「あれは必要な事だった。だから今の自分がいる」

「あれのおかげで、気がついたから、今は嫌な事はあんまりない」

・・・・・

そう思うと、自分の過去が変えられるんです。

『嫌な思い出』→『成長する為に必要だった教訓』という事に変わる!

過去の自分を否定していては、これからの自分も受け入れられません。

過去も含めて自分を全て受け入れてあげましょう。

過去は未来を作り出す糧なんだ

216609ce0edc7818d36b345dd0997996_m

過去は、悔やんだり思い返して腹を立てる為にあるのではない。

自分の未来を作っていく為に必要だった事。

ふと過去を思い出して、嫌な思いや後悔をしそうになったら、過去を丸ごと抱きしめてあげましょう。

過去の自分をほめてあげましょう。

「ありがとう、あれがあったおかげで今の自分がいるんだよ」って。

そうする事で、“嫌だった過去” が “未来を作り出す糧” へと変化する。

・・・・・そういう事です。

 

 

 

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

Comment

  1. komura takanori より:

    初めまして、時々読ませて頂いてます。

    本日の記事、共感します。

    新しい情報をいつも楽しみにしてます、よろしくお願いします。

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

  • 更新情報をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑