ライフスタイルショップに大切なもの・・・

VMDコンサルタントの藤井雅範です。

専門店のメリット

専門店というものがあります。

例えば、帽子の専門店。

帽子というひとつのアイテムを扱っている。

例えば、ボトムの専門店。

パンツばかりを扱っている。

 

同じアイテムばかりだと、メリットも沢山あります。

ハード面でいうとこんな感じです。

内装や什器の設計、

商品の全てのサイズ感がほぼ同じ、

なのでとっても設計し易い。

そして、出来上がってからも使い易い。

棚と棚の感覚や奥行きといったサイズ感、

いわゆるモジュール(機能単位、規格単位)が決まり易い。

だから設計もし易く、運用もし易い。

その商品の一番良く見える表情で陳列が出来る。

すなわちお客様にとっても、商品の良さが伝わり易いお店になる。

沢山のアイテムがあるお店

対して、アイテムが沢山あるお店。

最近はライフスタイルショップがブーム。

カテゴリーもアイテムも多く展開しているお店が増えていますね。

そういったお店では、運用能力が大切です。

特にVMDの運用能力。

これの有る無しで、そのお店の価値の伝わり方は大きく変化します。

先日『VMDに大切な資質はコーディネート能力』と言った主旨の記事を書きました↓

「見せては行けないスタイリングとは?」

そうです。

ライフスタイルショップでは、コーディネート能力がとっても大切。

コーディネート能力がないと、単なる寄せ集め。

店舗の設計も難しく、可動什器ばかりのお店になりがち。

VMDの運用能力がないと、商品がよく見えません。

カテゴリーを広げ、アイテムを広げた意味が伝わらない。

却って「何屋さんなの?」という印象を与えかねません。

 

逆にコーディネート能力があるとライフスタイルが伝わり易くなる。

例えば、トレッキングブーツ(登山用のブーツ)。

 

トレッキングブーツ

トレッキングブーツ

チェック柄の水筒

チェック柄の水筒

ブッシュパンツ

ブッシュパンツ

これに合わせるネルシャツと、ツイードの帽子、ブッシュパンツ(太ももの前の部分にポケットが貼付けられたコーデュロイやデニムのパンツ)にアラジンのチェック柄の水筒に山のガイドブック。

これらがコーディネートされていると、思わずピクニックに出かけたくなる。

そんなシーンが彷彿されますよね!

シーンが感じられる事で、ひとつひとつの「モノ」が活き活きと価値が高く見えてくるから不思議です。

まとめ

ライフスタイルショップならこんな感じのコーディネートもお手の物かも知れない。

内装・什器への対応もコーディネート能力次第です。

上記の様なアイテムを、ハンガーラックにかけてみせるのか?

平台に広げて(畳んで)置いてみせるのか?

はたまた棚に並べて表現するのか?

コーディネート能力と、表現のセンスがあれば如何ようにも応用が利きます。

VMDを専門とする人には是非コーディネート能力を身につけていただきたい。

とっても役に立つと思うから。

・・・・・そういう事です。

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

Comment

  1. […] 山あります。 ハード面でいうとこんな感じです。 内装や什器の設計、 商品の全てのサイズ感がほぼ同じ、 なのでとっても設計し易い。 そして、出来上がってからも使…[続きを読む] […]

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

  • 更新情報をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑