B to Bのビジネスでは、相手の利益に着目しようⅡ

VMDコンサルタントの藤井雅範です。

いつもブログを読んでくださりありがとうございます!

前回、の続きです。

B to Bのビジネスをファッションの、VMDの世界で考えてみますね。

写真は本文とは関係ありません。

写真は本文とは関係ありません。

マネキン会社さん、ファッションショップを得意とする設計・施工会社さん、彼等のクライアントは、百貨店であったり、アパレルメーカーであったり、GMS(ゼネラルマーチャンダイズストア:総合スーパー)であったりする場合が多いですね。

ではそのクライアントは、マネキン会社や設計・施工会社に何を求めているでしょう?

一体のマネキン、一台の什器が心の底から欲しいのでしょうか?

格好良い設計、トレンドのデザインの店が、本当に欲しいものでしょうか?

こたえは“ノー”です。

いくらキレイなマネキン、使い勝手の良い什器、格好良い設計、トレンドのデザインでも、“利益”に貢献できなければ意味がないのです!

“利益”に貢献できないものは必要ないのです!

前回も書きましたが、今はどこに頼んでも、当たり前のようにある程度のレベルの商品、仕事を提供してくださいます。

どこに頼んでも、きれいなマネキンや、使い勝手の良い什器、格好良い設計やトレンドのデザインを提供してくれるんです。

それも安価で・・・

ではどうすれば、クライアントに選ばれやすくなるのでしょう?

そのヒントはここにあります→《売上構成要素。それぞれの向上の為に出来る事とは?》

利益=売上を上げるor経費を下げる、事ですね。

そして売上はこの表の要素で構成されています。

どの項目をアップさせても売上は上がります

どの項目をアップさせても売上は上がります

この表のどこの数字を上げても売上は上がるのです。

クライアントは、この表のどこの数字が不足しているのか?

あなたは、この表のどこをアップさせる事に貢献できるのか?

そういった視点でビジネスを考えてみましょう。

それが、あなたの会社が選ばれやすくなるヒントなのです!

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

  • 更新情報をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑