「新規客中心のお店」で大切な要素とは?


VMDコンサルタントの藤井雅範です。

いつもブログを覗いてくださり、ありがとうございます!

 

さて昨日、新規客中心のお店、顧客中心のお店という風に「お店によって大切な要素は違うの?」という記事を書きました。

そう、要素に関しては全て同じ、なんですね。

ただ、優先順位とウエイトが違う、ということでした。

では、新規客中心のお店ではどのような内容が、特に優先順位が高いのでしょう?

新規客

 

・宣伝告知要素

電波・雑誌掲載、チラシ掲載、館内ツールの活用、SNS、自社WEBサイト、ヴィジュアルやポスターなど

・VP.IP.PP要素

ショーウインド、ステージ、プロモーションスペース、陳列手法、スタイリングの見え方と分量、ゾーニング配置、導線、接客スペース、フィッティングルーム、くつろぎのスペース、内装・インテリア、POPなど

・顧客様との交流要素

電話、お手紙、メール、SNS、自社WEBサイト、イヴェント、ショッピングバッグ、ポイントカードなど

 

上の赤文字で書いてある部分が、特に優先順位が高い項目です。

ここでお客様が初めてお店にいらっしゃる状況を想定してみましょう。

SNSを見ていたら、友達がこのお店のことを話題にしていた。リンクが貼られていたWEBサイトで見るとめっちゃ可愛い商品が・・・店舗検索しお店へ来てみた。離れたところから見てもわくわくさせるお店のデザイン。近づくとショーウインドウのスタイリングにはWEBサイトと同じ商品がディスプレイ。ディスプレイされていた実物はもっと可愛かった。お店の中へも入りやすく、沢山のコーディネートが見れるので参考になる。接客されるのが少し苦手なので、気の利いたPOPが嬉しい!結局お目当て以外にマネキンがつけていた、ブレスレットもお買い上げ。ショッピングバッグもこのお店に合っていて、使い回ししたくなる・・・

 

どうですか?伝わりましたか?

新規のお客様を誘導するのは、宣伝告知が必要です。

もちろん、電波や雑誌掲載も効果はとっても高いですがコストも莫大。

なので今は自社WEBサイトや自社ブログで役立つ情報配信をして、SNSでコミュニケーションをとったり、拡散したり、シェアされたり、そしてそういった身近な信頼できる人からの情報に影響されて、お客様はお店にやってこられる・・・

こんな流れがだんだん主流になってくるでしょう。

そして、いざ店舗のある館に来ていただくと、店舗のデザインやショーウインドウやステージ、プロモーションスペースで期待以上の商品との出会いが演出されている。

お店の中の環境も快適にお買い物が楽しめるように気遣われていて、おまけにショッピングバッグまで素敵で満足できた・・・・・

こうなると、顧客化も期待できますね。

 

ということで、新規客に対してはこのような要素が、特に優先順位が高い、と言えます。

顧客中心のお店での優先順位については、又後日書いてみますね!

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

  • 更新情報をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑