“ボタン”ひとつでお洋服を買うことも、買わないこともある

公開日: VMD, ファッションビジネス


こんにちは!

藤井雅範です。

 

ボクはお洋服を選ぶときにチェックするもののひとつに「ボタン」があります。

せっかく良い生地を使っているようでも「ボタン」がダサいと買いません。

逆に「ボタン」が良いと、少々縫製が粗くても「味」と感じられるものさえあります。

古いコインを応用した?ボタン

ワンちゃんの顔!とっても個性的なボタン

ビンテージ風のイカリマークのボタン

オックスフォード生地のシャツ、ボタンの厚みが製品全体のクオリティを感じさせる

戦時中の物資不足のためドーナッツ状になったボタン(レプリカ)

古いコインを応用した?ボタン

デニムのウエスタンシャツ。ボタンで遊ぶことで圧倒的に独自性が出る

でも最近のショップに行くと「ボタン」の優先順位が低い商品が並んでいる事が多く感じるのです。

これは残念だ〜。

多分コストを抑えるためなんだろうけど、実はそれ以上に“選ぶ理由”や“独自化”につながりやすい点なのにね〜・・・

これに気づいていない(目をつぶっている)商品開発の方、自分が着たい服、作っていますか?笑

 

ファスナーも同じ。

質感が良かったリ、ダブルジッパーになっていたりすると、そのお洋服全体が高品質に感じます。

パーカーという普遍的なアイテム。ダブルジッパー、が高品質感を出している

ボクはワッペンも好きで、ブレザーにはつけたりします。

簡単なカスタムだけど、それだけでぐっと個性的になるし、簡単に唯一無二の一品になる。

ワッペンも色々。選び方ひとつで、とても独自性のあるブレザーになる

ワッペン状のピンブローチ

そういった「ボタン・ファスナー(ジッパー)・ワッペン」と言った物を『副資材』と呼びます。

先日、そういった副資材を扱う会社からニュースレターが送られてきました。

尾崎博之さんが社長を務める株式会社クロップオザキさんからです。

尾崎さんはエクスマ塾生でもあり、以前からSNSでは存じ上げていました。

先日、恵比寿で行われたdoorsという展示会で偶然お会いできたんです。

そこで尾崎さんという人柄に触れることができました。

尾崎博之さんのブログ↓

 

そして送られてきたニュースレター、その中に『アパレルデザイナーのための 付属選びHAND BOOK』という小冊子がはいっていました。

知っているようで知らなかった、ボタン・ファスナー・裏地・芯地といったものの選び方がわかりやすく書かれています。

商品開発に携わる人にはとても役に立つ一冊だと思いました。

 

クロップオザキという会社はお洋服の副資材を売っている会社だと思います。

でもそれ以上にその先のアパレルメーカーの役に立つ情報を提供し、最終消費者がお洋服を着る喜びに役立つことを目指している、そんなことを感じさせてくれました。

 

不況だ、同質化だと揶揄されることが多いアパレル業界。

一見、裏方に見える副資材メーカーからも改革は進められる。

そんな事を感じさせてくれた尾崎さんとの出会いでした。

 

今募集中のセミナー

【6/20 VMDセミナーin福岡

日時:
2018
年6月20日(水)
時間:
セミナー/18時~21
懇親会/21時~23時 (セミナーだけ、懇親会だけ、の参加は出来ません)

場所:
『STEREO(ステレオ)』内『サイドB』(別室となっています)

http://www.stereo.jpn.com/stereo/

福岡市中央区大名2-1-4 ステージワン西通りビル3F     

参加費:(消費税含)
・セミナー&懇親会:15,000

お申込みフォームはこちら >>

 

【6/28 VMDセミナーin横浜

日時:
2018
年6月28日(木)
時間:
セミナー/18時~21
懇親会/21時~23時 (セミナーだけ、懇親会だけ、の参加は出来ません)

場所:
カリフォルニアダイナー『プレイヤーズ』

https://sumamoba.com/players

神奈川県 横浜市西区南幸2-6-1 山田ビル 3F

参加費:(消費税含)    

・セミナー&懇親会:15,000

お申込みフォームはこちら >>

 

【7/3 VMDセミナーin仙台

日時:
2018
年7月3日(火)
時間:
セミナー/18時~21
懇親会/21時~23時 (セミナーだけ、懇親会だけ、の参加は出来ません)

場所:
『STYLUS(スタイラス)』

http://stylus-cr.net/

宮城県 仙台市青葉区春日町1-5 SKビル定禅寺3F    

参加費:(消費税含)
・セミナー&懇親会:15,000

お申込みフォームはこちら

 

リアル店舗の売上アップに、新しい気づきやモチベーションを上げるきっかけが欲しい方。

お役になてるお話だと思いますよ。

皆さんとお会い出来ることを楽しみにしております!

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

PAGE TOP