『言い訳すんな!』と言ってみる・・・

公開日: VMD


こんにちは!

藤井雅範です。

 

先日投稿したツイート

自戒の意味を込めて書きましたが、沢山反応をいただきました。

 

先延ばしの癖、ついていませんか?

そうなんですよねぇ。

やろうと思ったこと、やりたいと思ったこと。

ついつい先延ばしにしてしまいます。

いつか時間が出来たら・・・

でもね、そんなこと言ってる場合じゃない。

 

ボクなんてもう先の人生のほうが遥かに短いんだから。

いつか・・・と言っているうちに死んでしまいます(笑)

 

言い訳オンパレード!

『お金が出来たら』なんて、人間の欲望は再現がないし。

『暇になったら、また時間が出来たら』なんて、用事や仕事は次々でてくる。待っているだけじゃ時間は奪われる一方だし。

『今度機会があれば』なんて、そんな機会がやってくる前に死んでるかも?

『もっと成長してから』なんて、もう背は伸びないよ!(笑)

 

大事なのはその思いとタイミング。

先延ばしにしていては情熱はなくなるし、チャンスも逃げる。

『あっ、やりたい!』

『よし、やろう!』

『うわっ、面白そう!』

直感でそう感じた時が“やりどき”なんです。

それ以外に“やりどき”なんてない!!!

 

見えない糸はある!

今すぐやる、行動に移すことです。

お金がかかるのなら、出来る範囲で道具を買ってみる。

会いたい人があまりに遠いのなら、手紙を書いてみる。

どうして良いのかわからなければ、調べる。

自分の気持ちがまとまらないのなら、文章として書き出す。

 

思っているだけじゃダメ!まず一歩行動に移すのです。

すると不思議に、導かれるように回り始めることがあるから不思議。

でも、これはほんとにそう思います。

見えない糸があって、それに気づいていないだけ。

気づいたら、引っ張ってみるのです。

『糸なんてない!』そう思っている人には永遠にチャンスは巡ってこないから・・・

 

懐かしい先輩との海での再会を思い出しながら、『今年こそいっぱいサーフィンするぞ!』と自戒を込めて誓ってみるのでした。

まず、ボードに付いた古いワックスを落とすことからはじめます(笑)

 

4月26日に東京で自主セミナーを行います。今の時代に伝わるVMDについてお話しますよ!

詳しくはこちらから↓

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

PAGE TOP