レコードに新たな息吹を!

公開日: VMD


こんにちは!

藤井雅範です。

 

レコードという普遍的なアイテム。

その目的は『音楽を聴く』という事でした。

しかし今、音楽はスマホや携帯プレイヤーで聴かれることが多いですね。

わざわざレコードを買って聴こう、という人は少ない。

 

だいいち、新譜がレコードで出る事は無くなりました。

今、手に入るのは中古のレコード。

これならたくさんあります。

 

そしてその使われ方はどうでしょう?

レコードプレイヤーを大切に持っている人が再生してアナログな音を楽しむ、というマニアックな使われ方をしています。

あるいは、ジャケットをディスプレイ用として飾るとかね。

うめだスークのポップアップショップ

今日、阪急百貨店梅田本店10Fの『うめだスーク』で見かけたレコードたち。

彼らは新しい役割を持って見事に蘇り活用されていました。

壁掛け時計として

ティッシュボックスとして

バッグチャームとして

ペン立てとして

照明器具として

リノベーション(手を加えて再生させること)、いやトランス・フォーメーション(物体や構造が変質または変態すること)していました。

レコードとしての特性はこんな事が考えられます。

・ビンテージ感がある

・本物感がある

・ジャケットのグラフィックのデザイン性が高い

・盤面中央部のグラフィックのデザイン性が高い

・熱で曲げ加工できる

・ハサミやカッターや糸ノコで簡単にカット出来る

・比較的安価で入手出来る

などなど

 

加工する素材としてはとても良く出来たアイテムなんですね~

こんなアイディアを形にして、ポップアップショップで加工の実演までされていました。

ご自身でお持ちのレコードを使ってのオーダーメイドにも対応してもらえるそうです。

こんな事もリアル店舗ならではですね!

 

神戸にアトリエもあるみたい。

『レコード曲げ屋』さん、素敵な発見ありがとうこざいました!

 

もう聴くことのなくなったレコードが気の利いたインテリアへ

既製のものに新たな技術や加工、センスを加えることで、全く新しい価値が生まれる。

そんな考え方良いですねぇ。

あなたのまわりでトランス・フォーメーションできそうなもの、ありませんか?

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

PAGE TOP