SNS時代のMD|粗利益率をあげたければSNSを活用しよう!

公開日: VMD, ファッションビジネス


こんにちは!

藤井雅範です。

ファッション業界でよく使われる言葉の1つに、MD(マーチャンダイジング)というのがあります。

  1. いつ
  2. 誰に
  3. どんな商品を
  4. どのくらいの量
  5. いくら(値段)で

提供するのか?を企画・設計することですよね。

 

これってファッション業界だけでなく、ほとんどすべての小売業に当てはまる業務だと思いませんか?

でもファッション業界でばかり耳にするのはどうしてだろう・・・

 

VMD(ヴィジュアルマーチャンダイジング)はそのMDにVisualがついたもの。

だからVMDもほとんどすべての小売業に当てはまる業務なんですよ!

3000枚の商品を売る場合

さて、MDについて。

MD業務の1つに仕入れ(バイイング)と言うものがあります。

例えば、3000枚の商品を仕入れる計画があります。

1人のバイヤーがセレクトして仕入れた場合

  • セレクトはしてみたものの売れるかどうかはわからない。
  • そして100枚ずつ30店舗に納品する。(一か八かの感で勝負)
  • 店頭に並べられそれぞれのお店で販売が開始。
  • 何枚かは売れ、何枚かは残る。
  • 鮮度が落ちた商品は値下げされる。粗利益率が下がる事になる。
  • 『値段が安いから!』それだけの理由で買われた商品が多くなる。

30人の、SNSでも影響力の大きいスタッフがセレクトして仕入れた場合

  • セレクトしながらSNSで反応が聞ける。予め受注を取ることも可能。
  • 30人が100枚ずつ販売する。(ほぼお客さまの顔が見えている)
  • 予約販売も可能。ソーシャルメディアでの露出、店頭のディスプレイ、接客販売まで自ら関わることが可能。
  • 限りなく完売に近い状態がのぞめる。
  • 高い粗利益率が得られる事になる。
  • 『あの人から買うことが出来た!』お客さんの購買満足度も高い。

ファンを作ろう!

SNSで影響力を持つということは、SNS上で『ファン』がたくさんいる状態のことです。

『ファン』というのは関係性の強いお客様や、SNS上でのフォロワーのこと。

あなたの事に興味をいだいている、信頼を寄せてくれている存在の事です。

 

『ファン』を作るのは一朝一夕で出来ることではありません!

全ては人と人との交流から。

コツコツと丁寧な発信を積み重ね、フォロワー・お客様と交流することです。

それを行った先に『ファン』となったお客様がいらっしゃる。

 

売り込みばかりの投稿や、ひとりよがりな投稿ではファンは増えません。

かといって、仕事のことを一切出さなくてよいわけでもない。

『個人』を出した自分らしい投稿で共感される。

『仕事』に関する専門的な投稿でお役に立つ。

その2つを地道に継続すること。

 

MDの大切な業務の1つである仕入れ(バイイング)
SNS時代の今、その方法を見直す良い機会かもしれません。

在庫を残したり粗利益率が下がったりしていては、誰もしあわせにはならないのだから。

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

PAGE TOP