変化するヴィレッジヴァンガード、進化するアメツチテラス


こんにちは!

藤井雅範です。

 

先週オープンしたばかりの『イオンモール座間』に関する記事を書きました。

イオンモール座間 「あったら良いなぁ」が現実に

VMDのシナリオを感じるお店|Awesome Store

今日も『イオンモール座間』での気付きを書いてみます。

 

変化するヴィレッジヴァンガード

イオンモールにも既に相当数出店している『ヴィレッジヴァンガード』

ここ『イオンモール座間』にもありました。

ただ店舗の内装やディスプレイの手法は今までとは違います。

随分とスッキリしたお店になっていました。

ヴィレヴァンに導線!?

ヴィレッジヴァンガードといえば、圧倒的に集積された陳列が特徴。

導線らしい導線は作らずに、迷子になったような感覚を覚えながら店内を彷徨わせてくれるお店づくりが特徴でした。

しかしこの店は全然変化しています。

ファサードの陳列からしてボリュームが減って、一見するとヴィレヴァンではないみたいです。

そしてご丁寧に床に“キャッシャー”や“出口”まで示してくれています。

おまけに入口から奥までスッキリとしっかりした導線まで設けられている。

『えっ、こんなお店ならヴィレヴァンでなくて良いじゃん!』

そう思ったのが正直な感想です。

フツーの雑貨屋さん。

もちろん特別悪くはないです。

しかし、ボクが好きなヴィレッジヴァンガードらしさは失われました。

新風館のヴィレヴァン

16〜7年前に京都にできた『新風館』という、レトロな電話局をリノヴェーションした商業施設。

その中でも異彩をはなっていた『ヴィレッジヴァンガード』

中央に古いヨーロッパ車が置かれ、圧倒的なボリーム陳列と読ませる手書きPOP。

『入れ墨』『監獄』『廃墟』『大麻』などというカルト的なテーミングで作られたコーナー。

思わず熱心に立ち読みしてしまい、その内の一冊を手にしてレジに向かったことを覚えている。

普通の本屋で買うよりも深い満足感を得ることのできた購買体験でした。

残念ながらここ『イオンモール座間』のヴィレヴァンではそんな感覚は得られませんでしたねぇ。

ただPOPが健在なのには救われました、ほんの少しだけ。

 

進化するチャイハネ

逆に新鮮だったのが『アメツチテラス』

チャイハネを核ブランドとしたとしたストアです。

たしか一号店は3年前に開業した沖縄の『イオンモール沖縄ライカム』

ここ座間店でも、一時ののヴィレヴァンを思わせるような圧倒的なボリューム陳列がなされています。

床からは積み上げられ、壁には一面に、天井からは振り注ぐがごとく、の商品が並ぶ。

その表現だけで、なんだかワクワクさせられるから不思議です。

ショッピングモールに出店する中で、ファミリー客層に合わせるがごとく変化してしまった『ヴィレッジヴァンガード』

ショッピングモールの中でもさらなる進化を見せる『アメツチテラス』
これからの両店舗はどこに向かっていくのでしょうか?
なんだかリアル店舗の今後を考えるに辺り、どちらも興味深いお店であることは確かだと思います。

 

今の時代に伝わるVMDについてお話します!4月の自主セミナー情報はこちらから↓
The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

PAGE TOP