捨てられる彼女たち・・・

公開日: VMD, リアル店舗


こんにちは!

藤井雅範です。

読みきれる本、読みきれない本

皆さんは本を買ったらすぐに読み切っていますか?

ボクは中々読み進めません。

ページはめくれどすぐに中断。

中には、買って一年経つのにまだ開いていない本もある。

 

ボクの場合、そういう類はネット上の書評につられてAmazonで買ったビジネス書が多い。

パラパラっとめくって『なんだかつまらなさそう・・・』

そう思って手付かずのままなのだ。

 

上手いブックプレビューを読んでしまうと、『あっ、これは読んどかなきゃ!』と思うのだが実物を見れば『思っていたのと違う・・・』そしてそのまま放置。

彼女たちは一応本棚には並べられてはいるものの、読まれることはない。

空き地に捨てられた古い自転車のように、ただそこにあるだけ。役に立つ事はない。

 

その点、実店舗の本屋でで出会い購入した本は、結構な確率で読み終えている。

やはり実物を手にとってパラパラっとめくればビビっと来るものがある。

そういった本は間違いがないなぁ。

これはビジネス書だけでなく、小説やエッセイでも言えることだ。

 

世の中には上手いブックプレビューを書く人がたくさんいるからなのか?ボクがそこから感じ取る能力が少ないからなのか?

もう、読まれずにその生命を終える悲しい運命の書籍を増やしたくはないと思う。

しかし、ネットからリコメンドされる数々の書籍を見るとついついポチッと押してしまう。

 

『これからはリアルな本屋さんでしか本は買わない』そう決めればよいのだけれど。

ついついポチっとね・・・

 

いままでたまった手付かずの本タチともう一度向き合い、読むのか読まずにお別れするのかを決めて本棚を整理できるまではもう本は買わない。そう誓ってみたいけど・・・

リアル店舗の本屋さんには残って欲しい

本屋さんは淘汰され始めているらしい。

その大きな流れは仕方がないものだと思う。

でも、やっぱりリアルな本屋さんって良いなぁ。

何時間いても飽きない。

TSUTAYA書店みたいに、テーマ別で編集されていたり、他のカテゴリーと同居している店は居心地も良い。

本を選びながらコーヒーも飲めるしね。

売上は大変だろうけど、リアルな本屋さんには頑張って欲しいなぁ・・・

 

今の時代に伝わるVMDについてお話します!4月の自主セミナー情報はこちらから↓
The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

PAGE TOP