肩の力を抜いたら、見えてくることがある・・・

公開日: VMD ,


こんにちは!

藤井雅範です。

カーリング女子

平昌オリンピックもいよいよ明日で最終日。

昨夜はカーリング女子の試合をテレビ観戦しました!

Shabbytochicnz / Pixabay

はっきり言ってカーリングって今までは真剣に見ていませんでした。

でも見ていると面白い、ハマってきますよね~。

「氷上の囲碁」と言われているように、先を見据えたプランが大切なスポーツなんですね(今更ですが 笑)

 

そしてそのプランを実際の氷上で再現する。

投げる人、スイープ(ブラシで氷上をこする)する人と役割を分けながらも目指すところに石を届ける。

そして氷はその場その場で表情を変化させるので、必ずしもプラン通りにはいかない。

だからちょっとした氷上の偶然で思わぬ展開にもなる。

そんな時には綿密なプラン以上に、ちょっとした勘の方が有効なのかもしれませんね~

 

チームの人柄

テレビを見ているとチームの人柄みたいなものが感じられます。

作戦を話し合う声も良く聞こえるしね。

日本女子チームの場合は「楽しんでいる」というムードが伝わってきました。

 

実際の現場ではなかなかそんなメンタルを維持できないかもしれません。

でも見ている限りは、試合中も落ち着いて柔らかい口調・表情で話している。

時には笑顔も浮かべて、リラックスしているように見えるんです。

『相手を負かしてやろう!』というよりも『ゲームを楽しんでやろう!』という感じ。

そこが強みなんだろうなぁ。

 

肩の力を抜いてみませんか?

焦ったり、気性を荒げたり、力が入り過ぎると本来の力が出せなかったり、大事なことが見えなかったりします。

普段の生活でもビジネスの場でも同じですね。

その場その場を楽しめるような気持ちを維持することが大切。

これが出来ると日々の暮らしでも見える景色が変わってくるんじゃないかなぁ。

そんな事を感じさせてくれました!

 

カーリング日本女子チーム、3位決定戦でも存分に楽しんでくださいね!

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

PAGE TOP