『データ』とるのは良いけど、どう使うの?


こんにちは!

藤井雅範です。

 

今日はインテックス大阪で行われている『JAPAN IT WEEK』に行ってきました。

中でも『店舗 ITソリューション展』に興味があったんですよ。

 

客数情報を知る!

リアル店舗のVMDをプランする上で、現状を正確に把握する、ということはとても大切。

具体的には入店客数、入店率、購買率、滞在時間、お客さまの属性等がわかれば良いですよね。

また、実施後の効果検証にも数値で測れる方がより共有や理解が深まります。

 

『店舗 ITソリューション展』に行けば、リアル店舗の活性につながるヒントがあるのでは?と期待してたんです。

結果は、ちょっと残念。

客数情報を測れるツール(機械)はありましたよ。

でもね、機械の紹介ばかりで肝心の店舗で役立つ活用方法には触れられていなかったんです。

 

デモンストレーションを拝見するとこんな事が測れるようです。

・お店の前をにお客さんが何人通っていてそのうち何人入ったか?(入店客数・入店率)今は96%の精度。10年前とは大幅に精度アップしたそうです。

・お店の中のあるコーナーの前でお客さんが何分滞在したか?(滞在時間購買率と相関があります)

・入って来たお客さんは男性か女性か?何歳くらいか?(品揃え、接客、ディスプレイの検証になります)

こういったデータを機械を設置することで入手出来るそうです。

 

そして今は、お店から離れていてもその内容は確認出来るらしい。

便利です。

 

データをどう使いますか?

でもね、機械を入れたら売り上げは上がりますか?

大切なのはそのデータから何を読み取り、具体的にどうアクションするのか?ということ。

そしてもっと大切なのは、そもそもあなたはお客さまに“何を”提供したいか?ということ。

 

“何を”というのは“モノ”だけではありません。

お客さまの生活(くらし・ライフスタイル)をどう彩るのか?

ここから全ては始まります。

aaandrea / Pixabay

データを入手出来るツール(機械)を売るのは良いと思います。

さらにその先の活用方法までデモンストレーション出来ればもっと良いのにね~

何故そのツールを導入しなければならないのか?という理由が明確になりますから。

 

 

今の時代に伝わるVMDについてお話します!4月の自主セミナー情報はこちらから↓
The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

PAGE TOP