彼女の傷を癒す方法

公開日: VMD ,


彼女は突然出ていった。

『さよなら』も『ありがとう』もいわずに。

黒いライダースを着た見知らぬ男とともに去っていった。

 

ボクは暫くの間、抜け殻のように生きていた。

体は自分のものじゃないみたい。

まるで貝殻を入れ替えたヤドカリのような気分だった。

もう二度と会えないのかな、彼女には・・・

ボクは大都会の交差点を歩いている彼女を想像してみた。

黒い衣装をまとった背の高い彼女はピタッと足を留めて信号を待ち、やがてしゃんと背筋を伸ばし歩き出す。

大きな歩幅で、でもゆっくりとした足取りで。

 

そんな想像をしている時に、玄関のベルが鳴った。

『こんにちは』

モニターに映し出されたのは、あの黒いライダースジャケットの男だった。

そばには彼女が寄り添っている。

 

一体どういうことなんだ?ボクは混乱した。

しばらく思い悩んだ末に玄関を開けることにした。

今のボクにはこれ以上想像力が働かない。開けてみるしか無い・・・

 

『とても長い時間がかかってしまいました』男はそう言った。

『思った以上に深く傷ついていたもので・・・』

そうなのか?彼女が傷ついたのはボクが原因なのか?

 

『一応、板金で叩き出して、磨いて塗装をかけてからコーティングをしました』

『えっ?』ボクは思わず聞き返した。

『塗装をかけてしばらく時間を置かないと、上手くコーティングがのらないんですよ。すみません、それで時間がかかってしまって』

そうだったのか?

もうてっきり帰ってこないものかと思っていたけど・・・

ボクは彼女の左シートに滑り込んだ。

そしてエンジンをかけてみた。

懐かしい、低く囁くような声で彼女は話しだした。

『久しぶりね。会いたかったわ・・・』

『ゴメンよ。もう傷は癒えたかい?』

彼女はコクンと頷いた。

『気をつけるよ』ボクはつづけて言った。『特に細い道を走るときはね』

 

細い道を走る時は、クルマを擦らないよう気を付けて運転しましょうね!

 

 

4月に自主セミナーを開催しますよ!場所は芦屋と東京です。↓

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

PAGE TOP