楽しく仕事してお客さんに喜んでもらって売上もアップする!?

公開日: VMD


こんにちは!

藤井雅範です。

 

今日はVPコンテストの審査をしました。

全国展開する超大手ショッピングモールに入る全てのテナントさんを対象に、ディスプレイやPOPを作ってもらいエントリーしていただきます。

なんと2500通を超える応募があったそうですよ!

今日打ち合わせした浜松町のオフィスからの眺望

シナリオ、描いていますか?

ディスプレイやPOPや販促を考える=VMDを企画する、こういった時に大切なことは実に『シナリオ』です。

これは今回のVPコンテストの最重要ポイントでもあるんですよ。

 

・今のお店の課題は何か?を知っておく

その上で

・誰に(ターゲット)

・何を伝えて(商品やサービス)

・どうして欲しいのか?(お客様にどんな行動を取って欲しいのか?)

そのために

具体的なディスプレイはどうするの?

POPはどんな風に書くの?

こういった一連の流れが『シナリオ』なのです。

 

このように『シナリオ』に沿ったアクションをとると、伝わりやすくなる=効果が高くなる、のですよ!

 

シナリオの例(ファッション&雑貨屋さんの場合)

・課題:購買客数(入店客数購買率)

購買客数の中身を見てみると、入店客数が少ない(他店や前年比)。さらには顧客(リピーター)の比率が少ない(他店や前年比)とします。

・誰に:20代のエスニックファッション好きの女性

・何を:あったかストール&スヌード

・どうして欲しいのか?:入店して欲しい、商品に触れて欲しい、リピーターになって欲しい

 

具体的なアイディア

VP 色を統一したエスニックなファッション3体に3種類のストール&スヌードをつける

IP 手に取りやすいようにリングに引っ掛けたストール&スヌードをカラー別に並べる(今までは畳んでおいていた)

PP 実際にスタッフがストール&スヌードを着用した写真とおすすめコメントを書いたPOPをつける

SNS PPの着用スタイリングと同じものを写真とコメント付きでSNSでも発信する

といったアクションにつながります。

なんだか楽しそうでしょ!

 

見込める効果

VPにインパクトのあるカラーと絞り込んだメッセージでお客さんの足をとめる。⇒入店客数

IPの工夫で手に取りやすくなる⇒購買率

POPのコメントや顔写真でスタッフに親しみを感じてもらう⇒リピーター数

SNSと店頭の発信を連動挿すことで記憶に残りやすくする⇒入店客数

このシナリオではこんな効果が見込めるのです。

 

楽しく仕事して、お客さんに喜んでもらって売上もアップする。良いことずくめです!

だからディスプレイやPOPを書く前には『シナリオ』を描きましょうね!

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

最新記事 by 藤井 雅範 (全て見る)

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

PAGE TOP