略語について|VMDとは?

公開日: SNS, VMD


VMDとは略語である。

『Visual Merchandising 』の略。それじゃVMじゃないかって?

はい、その通りです。

VMDはVM?

日本以外の国ではVMと略されている。(韓国でもVMDと言われることが多いみたいです)

ではなぜ、日本ではVMDと呼ばれるのか?
それは、VMDよりも先に用いられていた『Merchandising 』及び『Merchandiser 』という言葉がMDと略して呼ばれていたから。

MDにVをつけたからVMDと言われるようになったようですよ。

なので、海外の人とやり取りする時はVMと記述しないと通じないかもしれません。

 

Twitterで検索してみたら・・・

以前、TwitterでVMDで検索したことがあった。

「VMDってどういう意味?何の略ですか?」そう質問されることが多かったからね。

 

ヒットするのは『Visual Merchandising 』の意味の内容が多いことは多いのですが、なかには謎の投稿が有る。

何やら小難しいコンピューター用語的なTweet!?

よく見てみると Vocaloid Motion Data の略語。

何の意味かって?ゲームやアニメ制作に使われる用語らしいですが、ボクにもよくわかりません(笑)

知っている方がいれば、教えてください。

 

instagramで検索してみたら・・・

instagramで検索したこともありました。

コレも殆どは『Visual Merchandising 』に関連する写真。

店舗のデザインやディスプレイの写真が多いです。

しかし、ここでも謎の写真が。

やたらとダンスしている人たちの写真や動画が多い。

#(ハッシュタグ)をみると『VMD stuidio』となっている。

どうやらそういう名前のダンススクールがあるようです。

投稿の文面には見慣れない文字が多く、写っている人たちの容姿を見ても海外(東南アジア?)のダンススタジオの模様。

 

そして今度は『VMD stuidio』を追ってみるとダンススタジオではなく、建築デザインの会社のH.P(ホームページの略 笑)に行き着きました。

このVMDは『Visual Merchandising 』の略なのかなぁ。

「デザインのコンセプトを開発・習得した会社」と書かれているし、内装デザインの写真が沢山乗っているから『Visual Merchandising 』の略なんだろうな、多分・・・

 

そういえばMTGにTKG

まぁ最近はミーティングのことをMTGと表記したり、卵かけご飯のことをTKGと略して書くぐらいだからいろんな解釈が有るよねぇ。

VMDに関してもダンススクールやコンピューター用語だったりするし。

 

VMDは業界用語っぽいけど、もっと一般的に知られても良いと思う。

すべてのリアル店舗に役立つことなのだから。

ボクももっと発信していこう!

そういうことです・・・・・

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

PAGE TOP